スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

遅くなったPCの原因

 2010-01-18
今のPCにして1年と3ヶ月ぐらいになりますが、なぜか最近はすごく遅くなりました。
PCの起動に5分かかっている感覚です。

起動時のソフトを制御するGlary Utilitiesを入れて、制御してみたり
デフラグソフト「Defraggler」を使用してみたりしましたが、いっこうに改善の兆しがありません。

これはSSDしかないかと思って、色々調べていたのですが、ふと

今のHDDってどれくらいの速度なんだろと思って計測してみました。

ps_100116_079.jpg

酷い・・・


こんなHDDってあるのか!?

と思って調べてみると
遅いハードディスク

本来なら、「DMAモード」で動くはずなのに、「PIOモード」.....。昔のハードディスク時代の転送方式です。



まさか、これか!?

半信半疑で調べてみると
ps_100116_078.jpg

PIOモードぉおおお!!!!!
ありえないいいい!
何でこんな事が起きるの!!!

と、とにかく原因が分かりすっきりしたが、とにかく修正です。

調べてみると
PIOモード病(PIO病)を治す■【特効楽】■ - mut3の日記
に書かれている方法が簡単そうです。
実際に試したら、

ps_100116_081.jpg
本来の転送モードに復活しました。
ps_100116_083.jpg
ほぼ10倍という驚異的な性能向上です。

体感速度も、購入時の早さに近くなりました。
この感覚に味を占めたので、HDD買い換えというさらなる欲望が発生しました。

その結果についてはまた後ほど。
スポンサーサイト
タグ :

CPUファンを変えてみた(解決編)

 2009-10-12
更新が遅くなりましたが、前回のビデオカードが熱すぎる件に関してですが、
N-PCIFSTYで解決しました。
これは、ファンで有名なXinruilianを出しているX-FANが出している、PCIスロットにファンをつけることが出来るパーツです。
今回のようなファンレスビデオカードにはもってこいの商品です。
ファンレスでファンって意味ないかもしれないですが、ファンを選べるのが良いところです。

L7050209.jpg
ちょっとマニアックだから手に入るかなーと思っていたら、たまたま寄った秋葉原のヨドバシにありました。
早速買って、つけてみました。
CPU換装後
つける前はこんな感じで↑
つけるとこうなります。↓(左:今回のファン、真ん中:ビデオカード、右:CPUファン)
L7050212.jpg
8cmと9cmがつけられるのですが、
出来るだけ静かで、信頼のあるRDL8025SXにしました。Xinruilianの中で、騒音値の低さが一番だったのが決め手になりました。
L7050207.jpg

そして、つけて温度を測ってみると
ps_090610_074.jpg
72度から54度になりました!
劇的な改善で、安心できる温度になりました。
そしてファンのうるささも気にならず、満足できます。


ということで、これで静音化も一通り終わりです。十分満足できるレベルになりました。
しかし、MicroATXは静音化大変だなー。本当はケースもそれなりにしたかったけど、
良い製品がないです。

タグ :

CPUファンを変えてみた

 2009-08-24
ネタはあるのですが、どうも更新する気になれずにいます。
今週から頑張ります!


さて、前回の続きです。(静音化へ!電源を変えてみた)

電源を変えて静香になり、欲張ってCPUファンを変えてさらなる静音化をもくろみました。
今回も2chを参考にし、色々調べたところ

株式会社サイズ | 商品詳細 |ANDY SAMURAI MASTER
株式会社サイズ | 商品詳細 |KABUTO(兜)クーラー
の2点が候補に挙がりました。アンディーさん作が評判が高く、オススメらしいです!

どちらも良さそうなのですが、SAMURAIは高さの面で魅力です。
なにせ今のPCはMicro-ATXなので、後者だとギリギリっぽいからです。
ただ、KABUTOは可変長でファンが回るため、静かさの面では抜群です!


色々悩みましたがケースをはかり、秋葉原で現物を見て
こちらを買いました。

KABUTOのボックス外観
KABUTOです!やっぱり静かさに徹底的にこだわります。

それにしても今のCPUファンは大きいですね。
前に一度だけCPUファンを買いましたが、12cmファンじゃなかったので、大きいなー、程度でしたけど、
今回は素直に

でか!!

と驚きました。
CPUの大きさ比較2
これだと実感できませんが、現在のリテールCPUファンと比べてみると実感できます。
CPUの大きさ比較2
でかいですよね。
CPU換装前
換装前↑と換装後↓
CPU換装後

もう、ケース内の隙間がなくなりました!(笑)

電源とは隙間が1cmもないです。
正直、こんな窒息するような構成だとエアーフローがとてつもなく怖いです。
正直ないに等しいですからね。前にオリジナルノートパソコン冷却装置を作成したときに、
ファンの吸い込み側と接触しすぎると騒音が発生することがあったので、今回も不安です。

スイッチを入れて起動してみると・・・、静か!


やったー!


これで、静音PCの完成!


と思いきや、問題が発生です。
エアーフローの問題が発生しました。Speedfanで温度を調べてみたのですが、明らかに悪くなりました。

換装前
換装前↑換装後↓
換装後

CPUとかHDDは良いのですが、GPUことグラフィックスカードの温度が+10度になりました。
グラフィックカードは「WinFast PX7200 GS TDH」で耐久温度は120度とからしいですが、
さすがに良い気分じゃないです。
でも、KABUTOでこれ以上のエアーフローって難しい、もうファンはつけられないし・・・。

あぁ!どうしよう!

ってことで、次回は解決編をお送りします。
タグ :

静音化へ!電源を変えてみた

 2009-05-31
最近、PCで動画を見ることが多くなったのですが、
夜に見ていると、PCの音が気になってしょうがありません
ちょっと音が小さい動画だと、かき消されることもあります。
そのたびに、PCで出来る音量設定はMAXなので、1m離れたスピーカーにあるつまみで調整します。

あぁ、めんどくさい!
ってかうるさいPC!

それぐらい我慢しろと言う声も聞こえそうですが、社会人になったし、少しだけの贅沢を味わうために、
たぶん、騒音の一番の原因である電源を変えることにしました。


静かになることを第一にして、色々と悩みましたが、買ったのはこちら!

ANTEC [TP-550AP] 80PLUS BRONZE認証取得 高効率550W電源ANTEC [TP-550AP] 80PLUS BRONZE認証取得 高効率550W電源
()
不明

商品詳細を見る


惹かれた点は
・ファンが可変長で動くので、静か!
・中身はしっかり作られている。
・ケーブルが後から追加できる
・2chでは鉄板になりつつある。
・5年保証付き


情報源として2chを大変参考にしました。
2ch!と思う方、PCの知識がある方が多いのか、情報としてかなり参考になります。
だから今回は、かなりの部分を参考にしました。

あとは、coneco.netのレビューを参考にしました。
ANTEC/アンテック True Power New TP-550AP 評価・レビュー [coneco.net]
conecoは動画があるし、文章が分かりやすくて参考になります。


実際に買ったのはこちらです。アマゾンはちょい高いです。
Just MyShop - Antec PC電源 TP-550AP(製品の特長/動作環境・カタログ) -
安くて、送料が無料な点がいいです。自分は、注文してから2日で出荷して3日目で到着しました。


しかし、電源に1万円も使って効果があるのか不安でしたが、いざ使ってみて

静かさに大変満足しました。

恥ずかしながら今まで、爆音だったのを痛感させられました。
HDDレコーダーを使用していますが、HDDレコーダーの起動音と同じぐらいになりました。
本当にびっくりしました。これなら、やらないですが、つけっぱなしで寝ても問題なしです。

これで80PLUS Bronzeを取得しているぐらいだから、変換効率で電気代が安くなり、熱排気が少なくすみます。

知らない人に80PLUS Bronzeを説明すると、電源の電気変換率に基準を設けて、ある一定の基準に達したら、80PLUSが認証されます。
そして、さらに格付けがあって、無印、ブロンズ、シルバー、ゴールドが用意されています。
今回はその中で上から3番目にいいブロンズです。

80PULSの説明はこちらが分かりやすいです。
80PLUS Bronze/Silver取得  - ENERMAX
何がいいか引用すると、

・従来より低発熱(高効率)で、排熱が少なく、空冷設備費用を抑えることができる
・従来より高寿命(熱による劣化が少ない)で、設備投資費用を抑えることができる
・従来より低電力なので、同じ設備規模で、より多くのコンピューターを設置できる
・従来より総合的に、維持費を抑えることができる。


という利点があります。

長く使えば、使うほどお得になります。
とはいえ、今回は費用対効果まで計算していません。目的は静音化ですからね。


しかし、いざ使ってみると静かになったのはいいけど、その他の音が気になるようになりました(笑)
それは、CPUファンです。
現在はCore2Duoに付いてきたIntelのリテールを使っていますが、よくよく調べてみると、CPUファンとしてはうるさい分類に入るそうです。

こうなると、人間は欲が出てくる物です。
CPUファンを変えたらさらに静かになるのでは?
そんなことを考えるようになります。

ということで、次はCPUファンを変えてみることにします。


おまけ
箱の中身

ケーブルは後からつけられるのでケース内に邪魔なケーブルが少なくてすみます。
タグ :

今回もいってきたエンジニアの未来サミット0905

 2009-05-23
昨年の9月に行われた、エンジニアの未来サミットの2回目です。
単発で終わるのかと思っていたら、今年は社会人1,2年生を対象にした内容で開催されました。

前回はこれからITを目指す人向けで、私は社会人前だったし、
今回は新社会人向けで、私は新社会人だし、なんという偶然でしょうか。
そして2回とも当選するという運のもちようです。倍率知らないけど、これは運があるとしか言えない!

0905:エンジニア・サバイバル | エンジニアの未来サミット … 技術評論社

前回の感想はこちらで
一流のWebエンジニアを目指す社会人日記  エンジニアの未来サミットに一言二言



受付で頂いた物です。シールは参加者の証です!
ペンはドクタークリップのミニ版です。
パソナテックさんが協賛だったので、前回のような悪夢を想像したのですが、至って普通でした(笑)


内容は、2部に分かれて
第一部は2時間で、
よしおかたかひろ(進行)
ひがやすを
谷口公一
楠正憲
の4名が「おしえて!アルファギーク エンジニアが幸せになる方法」で議論されていました。


第二部も2時間で
小飼弾
閑歳 孝子
米林 正明
山崎 徳之
井上 恭輔
高井 直人
馮 富久(技術評論社でモデレータ)
の実質6名による「弾vs個性派エンジニア サバイバル討論」で議論されていました。


一部、二部とも得る物があったので、個人的に良かったですが、2二部の方が会場的には盛り上がっていました。
さすが弾さんとでも言うべきか(笑)


第一部はざっくりまとめてしまうと。
1.オープンソースで活躍するのが一番良い
2.新しい技術には若いもベテランもないから若い人はチャンスだ(その中でクラウドがいい)

が回数的に多く出たので、一定の結論ですかね。

他に良かった点は、楠さんが発言した「生の情報を大切にすること、好きなポイントを見つけること」です。
これは第二部でも指摘されましたが、人と人が直接会って発せられる生の情報は、大切です。
理由は、雰囲気、会話の声、表情、動作、などがうまく混ざって人は情報を判断するからです。
別にこれらの情報がなくても、メールのように文字だけ、電話のように声だけでも情報は伝わります。
だけど、それは情報が多く削られています。また会って話すは思わぬ事が聞けます。

次に、好きなポイントを見つけるですが、これは常々感じます。
理由は、この好きなポイントを見つけたからこそ今の自分を再認識して、今進んでいる道が正しいのだと胸を張って言えるからです。
また再現性があれば、長く続けることが出来るからです。

これは大きいです。自信を持つことは、道を突き進むときに絶大な効果を生み出します。
また、長く続けられるということは多くの場合、プロになれます。


第二部をざっくりまとめると、多くのパネラーがそれぞれの主張をしていたので無理があるのですが、あえて言うならば


とにかくやってしまえ


当たり前と言えば当たり前ですが、これは一つの才能だと思います。

人はやりたいことが、あれこれと多いと思います。
その中で、とにかくやってみるは、難しいです。

食べることが好きな人が、食事をおろそかにして、プログラムを書く
体を動かすのが好きな人が、サッカーに行かず、プログラムを書く
飲むことが好きな人が、飲み会に行かず、プログラムを書く

生きていれば、誘惑は多い物です。
それを打ち消してまで、とにかくやってみるは、難しいです。

だから今回のエンジニアの未来サミットの根底に流れていた「ITとにかく好きだろ」が必要になってくると思います。

でも、それは人によって度合いが違います。
だからそれだけにやってしまうのは才能です。いや、運が良かったと言うべきでしょうか。
何にもまして、好きなことをやってしまう物を見つけたからです。


だから、第一部にもあったとおり、好きなポイントそして好きな度合いを他と比較して、欲しいです。
例えばこんな感じ

寝る >= 読書 = アニメ = 聞く > プログラム > 食べる > 飲み > ・・・

これは、日頃から意識しないと、どっちが大事かは実際にやっている途中じゃないと分からないので、日頃から、
「まてよ、今あれをやるとしたら、今のこっちはやるか?」「どっちが好きだ?」と問いかけて欲しいです。

それが分かれば、とにかくやってみるが出来なくても、不思議ではありません。
ただそれほど好きじゃないからです。

そしてこの先は、まだどうすればいいか分かってないんですよね(笑)
順位を上げる方法がある、場合によって変わるのではないかという仮説は立てていますが、まだ検証していません。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。