スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ITの3Kについて考えてみた

 2008-05-06
ちょっと前に書いた文章ですが、なぜか公開していなかったので今日は公開します。


3Kそれは
仕事が「きつい、汚い、危険」が従来の3Kでした。
しかしITだと新3Kなるものがあります。

「きつい、厳しい、帰れない」だそうです。
こんな言葉が生まれたせいか、生まれる状況があるのか、今ITはつらいイメージによって若者に人気がないそうです。

さて新しい3Kをつくるほどつらいのか、ちょっと調べてみました。
まず、よく聞く話では100時間レベルの残業があります。
そんなに働いているなんて、つらい!

でも考えてみれば、会社によって、さらにいえば部署によって違います。
これは、参考になりません
なので全体で見てみました。業界として残業が多いか?
厚生労働省が平成18年に出した資料を見てみました。
賃金構造基本統計調査(平成18年)

そうすると、産業全体では14時間が平均らしいです。
そして気になる情報通信業は17時間です。あれ?3時間しかありません。業界平均は思ったほどではないようです。ただ25歳~29歳だと24時間になっています。30~34歳だと22時間です。歳が増えるほど時間が減っています。傾向としては若者に負担が来ているようです。


ただ、それよりも運送業はなんと平均で28時間です。こっちの方がよっぽどひどいです。
年齢別でも時間はまんべんなくあります。

つらいをいうなら絶対にこっちでしょ!

特定の会社がつらいなら分かりますが、IT業界がつらいと言うにはデータでは裏付けが出来ないようです。

なんでこんなふうになったのか気になるところですが、今度は職業別の残業時間を見てみます。
これも同じくして厚生労働省が発表しています。
その中にプログラマーとシステムエンジニアがあります。

プログラマー20時間
システムエンジニア24時間

これだけでは判断がつかないので、資料に書かれている127職種中だとプログラマーは78位でした。システムエンジニアは95位でした。
ちなみに残業0時間が大学教授、大学助教授、保険外交員でした。
最下位は獣医師、港湾荷役作業員で44時間でした。

確かに、職業で考えれば半分以下なので、つらいのかもしれません。
でも、だからといって最低というわけでもなく、他の職業を考えれば言い訳になりそうにないです。
不思議なところです。
職業にはそれぞれ、つらいところなんてあるし、場所(会社、部署)によって違います。なのにあやふやな個人の伝説体験?がまるで業界全体を語っているかのように伝えられています。

そしてそれを信じてしまう若者、またつらいところじゃなくて楽なところに行きたいと思っている若者、夢や希望があればつらいことを乗り越える事なんて我慢できるはずです。

ただ、それでもIT全体として完全にきれいな状態とはいえないので、改善は必要だと思っています。



参考:
ITエンジニアの「残業減らせ減らせプロジェクト」
問題は3Kではなく
スポンサーサイト
タグ :

Microsoftについて調べる時に使った情報網

 2008-03-09
マイクロソフトに応募するか判断するために、情報を集めました。
その時に、ちょっと参考にしたブログがあります。
それは元マイクソロソフト日本法人の最高技術責任者の古川享さんのブログです。

知ったきっかけはマイクソロソフト日本法人の主催だったStudentDay2004でした。
ImaginCupとい大会をやったり、SoftEtherの作者である登大遊氏が出てきてトークしたりして、技術の可能性を話してくれてとても楽しかったです。
ただ古川さんが退社してからの2006年はセッションにしたり、就職活動に力が入って酷かったですね。技術を楽しむ1日が、なんかつまらない話を聞いて就活スーツの人ばっかり・・・
田中さんは頑張っていたけど、トップの人が変わったから思うように出来ずといった感じがしました。

それで古川さんですが、退社後はマイクロソフトに対して意見を言いまくりです。
IEが死んだ。Outlookは自爆した。MS IMEの辞書は更新してさらにお馬鹿になった。
MS IMEさらに...お馬鹿になっていく
特にIMEに対して物言いますが、社内の状況が少しかいま見られます。
タグ :

IT・Web系の人事担当者が語る求める人物像

 2008-03-08
一日中、分刻みで動いたため眠いです。
でも情報は発信します。
同じWeb系エンジニアを目指す人に役に立って見せます。


今日はこちらを紹介します。

IT・インターネット企業の求める人物像

ネットニュースで有名なCNET Japan

Google日本法人
GMOインターネット
ヤフージャパン
サイボウズ
アイレップ
ネットレイティングス
クックパッド
DeNA
メディアレップ
シックス・アパート
OKWave
ジェイマジック

とまぁ有名どころの会社の人事担当者にインタビューしてます。
これを見ると、各社で何を求めているかわかりやすいです。たまに見ると記事が増えているので、ベータ版と言ったところでしょうね。
志望している会社があったら見ておくことをおすすめします。
タグ :

さっそく選考で落ちる

 2008-02-25
前回のエントリーからさっそくとある会社のグループ面接で落ちました。
ショックでしたが、面接官の質問から技術がないと駄目な感じがしたので、自身の能力がないだけに駄目だろうなと思っていました。そして案の定でした。
Googleはエントリーシート提出で落とされたし・・・、開発経験のなさが身に染みます。

それにしても、10ヶ月前に開発経験のなさと技術力の不足を想定していただけに
対策せず、ただ時間が過ぎた毎日を過ごしていた自分にただ反省です。

これをバネにつくろ!
アイデアはありますからね。あとは根気だ。
タグ :

就職活動の違和感3:選考で落ちること

 2008-02-22
就職活動の選考で、グループワークを経験しました。
細かく書くとばれるので、大まかにいうと一緒にモノを作り上げるです。

グループワークが終わって人事の人から講評していただけましたが、
ある1人が前に出すぎていた。と言われ、言われた人は反省していました。
そして他の人に向かって私のせいで落ちららごめんね。と何度も謝っていました。
別にこっちは、落ちたらしょうがないと思っているので、大丈夫と言いました。

ここで思ったのですが、人にはそれぞれの特徴があり、その特徴を買ってくれた会社が内定を出すと思うんです。
良くも悪くも、今の自分を見てくれます。そしてその評価と会社の求めるレベルとマッチするか考えてくれます。
安定志向で活躍する人を、ベンチャーは求めるはずがありません。求めるのは挑戦する人です。
ミスマッチしたままで働いていたら、社員にとっても会社にとっても幸せになりません。

先の例も、前に出過ぎている人を注意しなかったこちらにも落ち度があります。
そんな点を評価されます。そしてそれは会社が求める人材でないというならば納得です。

そうは言っても自分の中で第一志望はあると思います。落ちることは避けたいと思います。
そのため全力を尽くして内定を取りに行くと思います。
それで落ちたら、残念ながら、自分のレベルは達していない(ご縁がない)んです。
本人からすれば、残酷でも、自分に合わない環境で働くというのはとてつもなく残酷です。
それでもと言う人は、自分のレベルを正確に知りどのレベルに達すればいいのかを知ることです。
そしてギャップがあると分かったならば、そのために努力することです。

ただ、たいていは就職活動中でこのギャップを埋めることは無理なんですよね。
だからその時は戦略を考えることです。
2,3年のスパンで、自分が入社できる会社で努力して、求める人材になることです。

新卒と言っても、その後の人生は長いです。新卒で全てが決まる時代じゃありませんからね
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。