スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

リアルタイムログ解析ツールPiwikを使ってみた。

 2011-11-19

概要


Piwik - Web analytics - Open source
PiwikはGAの代わりにログ解析するOSSと謳っています。
20万のWebサイトで使用され、現在はバージョン1.6が最新版です。

日本語に対応しているみたいですが、全部が日本語になっていないません。
ここら辺はちょっとサポートが不十分ですね。

Piwikの公式HPで紹介している良いところは以下の点です。
1.リアルタイム解析
2.APIでデータを取り出せる
3.使いやすいUI
4.プラグインでカスタマイズ可能
5.オープンコミュニティで使われている

実際の動作は自前でインストールをしないで、ネットからデモが見られます。
http://demo.piwik.org/
どんな感じかすぐに分かるので良いですね。

デモ画面はこんな感じです。
piwik_01_demo_top.png


インストール


必要な最低限のソフトウェア、ライブラリは以下です。

1.PHP version 5.1.3以上
2.MySQL version 4.1以上
3.PHP extension pdoとpdo_mysqlまたはmysqli extension

おすすめはPHP5.3で、グラフ表示でPHP GD extensionが必要らしいです。
あと、解析するサイトのトラフィック状況によってはPHPのmemory_limitを変える必要があるみたいです。


さっそくインストールします。
環境:Fedora11
パッケージすべて最新にアップデート済みです。

mysqlとphpはすでに入っていましたが、yumからインストールできます。

他に以下をインストールします。
$ sudo yum install php-gd
$ sudo yum install php-mbstring
$ sudo yum install php-xml


モジュールの読み込みをするためリスタートしておきます。
$ sudo /etc/init.d/httpd restart


capture0012.jpg
最初にアクセスすると、権限を変更する必要があると表示されます。
apacheの所有者にすることでも出来るみたいですし、Webからアップデートも可能になるので所有者の変更にします。
piwik以下のすべてのディレクトリを変更します。
$ chown -R apache:apache piwik


capture0013.jpg
権限を変更して再度アクセスすると、設定画面が表示されます。
これは楽ですね。

capture0014.jpg
次に進むと必要な設定が表示されます。
赤色は必ずやるみたいで、表示されたコマンドを実行します。
黄色の警告があっても次へいけます。

capture0016.jpg
OKだとこうなります。

capture0017.jpg
mysqlで使用するアカウントとデータベースの設定をします。

普通はないのでアカウントとデータベースを作成します。
mysqlのコマンドは以下です。

create database piwik;
GRANT ALL ON piwik.* TO piwik@"127.0.0.1" IDENTIFIED BY "ここにパスワード";

作成したアカウントとデータベースを入力します。


capture0018.jpg
設定が合っていれば、テーブルが作成されます。
キャプチャするため一度戻ったので、再作成してます。

capture0019.jpg
Piwikの管理アカウントの設定です。


capture0020.jpg
ログのトラッキングをするサイトを入力します。

capture0021.jpg
トラッキングのため表示されたJavaScriptを埋め込みます。
表示されたコードをbodyタグの終了前に埋め込みます。


他にJavaScriptが使えないサイト用に、画像によるトラッキングも用意されています。
ただし画像によるトラッキングは、
検索語、リファラ、解像度、使用プラグイン、ページタイトルはトラッキングできなくなるとのことです。

他にPiwikのPHPによるAPIがあるみたいです。他の言語は標準ではなく、問い合わせが必要みたいです。

詳細は省きますが、以下で確認できます。
Piwik Tracking API - Piwik


capture0022.jpg
完了したみたいです。

capture0023.jpg
ログイン画面になるので、先ほど入力した管理者アカウントを入力します。

capture0024.jpg
ログイン後はデモと同じ画面です。ただ数値がありません。
実際にアクセスしてみます。
capture0025.jpg
たしかにリアルタイムです。
F5を数回押してみます。
capture0026.jpg
PVがカウントされています。


capture0027.jpg
ビジター、つまり訪問者では細かく表示されています。


以上でインストールは完了です。
次からは内部の仕組みを見ていきます。


参考


Piwik requirements - Piwik
Scientific Linux 6で自宅サーバー構築 その16 Piwikでアクセスログ集計 » sa-sa-ki.jpのblog
Piwik のインストール方法 詳細解説
Piwik 高性能アクセス解析オープンソースソフト GoogleAnalyticsよりも柔軟に高性能  モバイル用アプリも用意 日本語標準対応|PCあれこれ探索

スポンサーサイト
タグ :

どんなログ解析ツールがあるか調べてみた

 2011-11-13
世の中にはどれくらいのログ解析ソフトがあるのか疑問に思ったので、調べてみました。
と言っても全部調べるのには時間がかかるので、都度追加します。
評価も後ほど追加します。


設置型


自前のサーバに設置して、ログを解析するツールを紹介します。
現在8つ

1. AWStats


AWStats - Free log file analyzer for advanced statistics (GNU GPL).


2. Visitors


Visitors - fast web log analyzer


3. Webalizer


Home of The Webalizer
2010年10月から更新がないです。

4. AWFFull


AWFFull | Dee and Steve's Web
2008年11月から更新がないです。Webalizerから派生したみたいですが、どっちが良いのだろ。

紹介サイト
アクセスログ解析ソフト AWFFull

5. Analog


Analog: WWW logfile analysis
日本 Analog ユーザ会
2004年11月から更新がないです。事実上、開発が停止してそうです。


6. Flume-Cassandra Log Processor


What is BIGDATA?: Flume-Cassandra Log Processing Systemのオープンソースリリースについて
FlumeとCassandraを使ってリアルタイムにログを処理します。

紹介サイト
Flume cassandra real time log processing (日本語)


7. snowfinch


jcxplorer/snowfinch - GitHub

以前紹介したリアルタイムでログ解析のsnowfinchです。
アクセス解析OSSの「snowfinch」をインストール|とある技術者の日記
アクセス解析OSSの「snowfinch」をインストール 続き|とある技術者の日記
紹介時はPV、UUをリアルタイムで解析するだけで、解析できる指標が少なかったです。
今は増えたのでしょうか・・・。


8. mrlite


ミスター アクセス解析 Free Web Analytics
個人利用なら無料です。デモあり。


9. Piwik


Piwik - Web analytics - Open source

簡易紹介
オープンソースのWebアクセス解析「Piwik 1.5」が公開 - SourceForge.JP Magazine : オープンソースの話題満載


Webから登録


レンタルしているサーバ、ブログなどは設置できないので、登録して使用するツールを紹介します。現在1つ

1. Google Analytics


Google アナリティクス | 公式ウェブサイト
すでに解析ツールでは定番になっているGAです。
たいていの個人はこれで十分です。



しかし、設置型の解析ソフトはUIがどれもひどいです。解析しても使われてこそなんですが、なんででしょう。




追記:ログ解析じゃないですが、ログを収集するツールも書いておきます。

ログ収集


ログを収集するツールです。
現在3つ

1. fluent


イベントログ収集ツール fluent リリース! - 古橋貞之の日記


2. flume


cloudera/flume - GitHub


3. Scribe


facebook/scribe - GitHub
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。