スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

vim + xdebugでPHPのデバッグをIDE風に行う

 2011-11-27

vimとxdebugを使ってPHPのデバッグをIDE風にします。

LL言語ですと、printデバッグで終わらせてしまいますが、
大規模になってきたり、保守のために全く知らないソースコードを動かすには限界があります。
できなくはないのですが、とても面倒です。

そこでPHPのデバッグをIDE風に行います。
IDE風とは、VisualStudioや、Eclipseのデバッグと同じように、
ソースコードをステップごとに実行して、実行結果、または変数を確認しながら行います。


capture0037.png
画面はこんな感じです。
左にトレースするコード、右に、変数、ヘルプ、スタックが表示されます。
vimはエディタと思いがちですが、こんなことも出来ます。


方法はこちらを参考にしてください。
[PHP][Xdebug][vim][firefox] vim で PHP の remote debug - koziyの日記
現在はどうやらFirefoxのアドオンxdebug Helperが提供されていないのですが、Chrome版があります。
Xdebug helper - Chrome ウェブストア

chrome_xdebug_helper.png
インストール後はxdebug helperを起動するドメインを追加します。

chrome_xdebug_helper_off.png
左の虫が灰色で、この状態がオフです。

chrome_xdebug_helper_on.png
クリックすると緑色になり、オンになります。

この状態で、vimでF5を押して、デバッグしたいPHPへアクセスします。
初期設定だと5秒以内にアクセスしないとだめなので、F5押して切り替えてF5(更新)が楽です。

たいていは満足なんですが、変数のウォッチ時に変数を記述する時に、
補完機能がうまく動作しないのがちょっと残念です。


それでも、動作を理解するのに非常に役立ちます。

スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。