スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ニュースから学ぶこと

 2007-01-23
今回のようなメディアからの問題は、近年ではNHKの空出張や日経新聞インサイダー取引などがありました。
その毎に、他のメディアはバッシングの荒らしでした。
またいじめ問題でも同じようなことが起きました。

そしてこのいじめに関しては、裏でひそかに校長先生の自殺がありました。
メディアの直接的な関係は示してないですが、外からの圧迫はとてもあったのだと思います。
もちろん、自殺するなんてやっちゃいけない行為です。
ストレスに耐えられない校長なんてダメ奴だ。という見方も出来ます。

しかし、あれが自分の立場だったらどうだろうか?
と自分に聞いてみて欲しいのです。

何せ、近々の不二家にしてもあるある大辞典にしても、習慣化と圧迫があったからです。
現在の慣れきった体制に使っていると正しい判断は難しくなります。

もしですが、上司が間違ったことをしていても指摘することはできますか?
いやなことはNOといえますか?

そういう言葉を自分が当事者になったつもりで答えてみて欲しいです。

そして自分の今の現場(職場、学校、大学)はどうなのだろうか?
と自問自答して欲しいです。

胸を張って誰にでも、素晴らしい環境です。
誇りに思っています。
と自信満々に言えるでしょうか?

YES!といえる方、素晴らしいです。その調子でどんどん誇ってください。

ん~・・・どうだろ?
いえない
という方、どうすればいいのか考えてみましょう

ただ単に、ニュースで知ったことを「あぁやだやだ」「これだから・・・」
など表面的な反応をするのでなく

どうしてなのか?
自分だったら。

と考えて学ぶことの方がよりより人生を歩めると思うんです。
スポンサーサイト
タグ : 納豆捏造 学習

納豆から見えるTV体質

 2007-01-22
20日に関西テレビあるある大辞典で放送された納豆について発表しました。
こちらです。

なんていうか、やっと来たかと。
前にあるあるの大辞典のおかしさを伝えました。
時間がなくて証拠集めをしてませんでしたが、こうやって報道されて白日の下にさらされました。
たぶんですが、いや決定的ですが、過去の放送を調査するとおもしろいことになると思います。
今の不二家と同期してあふれる悪態が(笑)

でも、こうなるとどれが正しくて間違っていたか分からなくなります。そして間違った情報を信じれば、それぞれの貴重な日常生活をむしばんでいきます。

それはつまり、TVは有益な情報を提供していないことになります。
見せかけの有益さばかりが目立って、視聴率を狙うことだけを伝える手法。

改めないといけませんね


今までTV以外のメディアではさんざん視聴率競争の体質は根強いと伝えてました。
それが本当に実感します。

これが波及してメディア(特にTV)の体質まで指摘する報道が出ることを期待してます。
でも自分のメディア自身を訴えるようなことってしないから、A社がB社を、B社がA社をとかになるのかな。
タグ : 納豆 TV

人は変われるか?

 2007-01-21
ずばり聞きます。

人は変われるでしょうか?


かなり意見が分かれそうな気がしますが、自分は変われると思っています。

それは可能性をつぶしたくないし、やり直せることを素直に認めた方がずっと楽な心構えになると思うからです。

そして先日、とある興味深いお話を発見しました。
1月17日の読売新聞朝刊に「社会の安全と日本人の倫理」論文の最優秀賞としてとある警察官のお話が載っていました。

それがいたく感動します。もう泣きました。
こんなええ話はそうそうありません

今まで悪いことをたくさんしてきて周りの人たちから見限られた非行青年、だが彼はとても勇気ある行動をします。

それが変わることです。

人なんて変われっこないと思っている方
ぜひ読んでからもう一度考えてみましょう

ここから「國方 卓様からのお手紙」でも部分的に読めます。
全文は「社会の安全と倫理」をテーマにした懸賞論文の最優秀賞全文 : お知らせ : 読売新聞にてPDFファイルで読めます。

そしてこの言葉を贈ります。


出来ない理由なんて作ろうと思えばごまんとある
だけど出来る理由もごまんとある。
タグ : 非行少年 警察官

エコバックに効果はあるのか

 2007-01-20
最近なにやら京都、東京のスーパーでレジ袋1枚あたり5円の有料制度を期間限定で始めたらしいです。

テレビでは良いこととして導入されていますが、補足します
自分が半年前に調べたところ、レジ袋を全て切り替えたとしても日本で使用している全石油割合の約0.3%だったはずです。
つまり実際の効果としてはあまり有効ではありません。
ではなんのために?
と思われるかも知れませんが、行動することが意味があると思います。
行動することで意識します。
そしてその意識が他の環境問題につながっていきます。

だから多くの人が行動できるエコバックはとても良い活動です。

これを気にエコバックを使うことが、「かっこいい」という風潮になれば嬉しいもんです。
または環境に対する思いを行動に移せることを実感して欲しいです。
多くの人が感じればいつか環境を重視するような社会の到来が訪れます。


これについてちょっと付け足します。

実際、環境重視社会はそう遠くないと思います。

兆しは少しだけあります。
また、せざる得ないような状況は日を追う毎にますます強くなっています。

オゾン層がどんどん少なくなり、30年後にはもっとなくなったり
2030年には北極の氷が全て溶けてしまうという報告があったり
130年の観測史上の暖かい日がロシアであったり
淡水の使いすぎによる地下水の枯渇と需要増急があったり
魚の漁獲量減少による食への影響があったり
中国の経済発展による資源使用量の増加があります。

のんきにしていられない出来事はますます増えています。

今日から元アメリカ副大統領のアルゴア氏が制作した環境の現状をつづった映画「不都合な真実」が公開されました。
プレ試写会ではかなりの評判で分かりやすく説得力があるそうです。
ぜひ、環境を知るためにも一度ごらんになってみてください。
注意して欲しいのは全国公開となってますが、劇場は限られています。
近くの映画館で公開されているか公式HPでチェックしてください

これを見たらきっと驚くと思います。
そしたらそれを周りの人たちと話し合って欲しいです。
または感想をどんどん発信して欲しいです。
そうすることで意識の輪は広がります。

もちろん自分も見たらブログにて感想を書きます。

エコバックに効果はあるのか の続きを読む

タグ : エコバック 環境

食、健康のこだわり

 2007-01-14
昨年は、安部司さん著書の「食品の裏側」が売れて話題になりました。(これは悲しいことにただ恐怖をあおっただけに終わりました。)
そして近年の食に対するニュースを見て意識は高くなったと感じました。

だけどまだまだ情報に流されている感じがしてなりません。

先日1月8日、フジテレビ放送のあるある大事典で納豆でダイエットが紹介されていました。

8人が全員痩せたと書かれていました。

しかし、何とも言えません。
なにせこの番組は怪しさがある番組です。

独自調査でおもしろい発見があります。
でも、これを認めたら科学者はどうなることか・・・と思わされます。

8人の被験者で痩せたから効果があるとは一概に言えません。
また、あやふやな家庭事情に任せていて納豆が本当に効果があったか分かりません。
たとえば、食生活が肉中心だったり、偏った栄養だった人が変更したらどれぐらいの効果があるでしょうか?
これは誰だって分かる事実です。


また体重の初期状態が多いほど体重を減らすことがたやすいです。
80kgの人が2,3kgを減らすのなんて案外簡単です。

そして普通の平均的な50,60kgあたりでも1kgを減らすことは簡単です。
1日食べれなければ効果出ます。


こうやってあやふやなもとで行われているだけに、信じるのはちょっと待った方が良いです。
だけど先日の毎日新聞にて納豆がバカ売れしている記事がありました。

はっきり言って食生活の改善、運動をする。これがダイエットの黄金法則でしょう
楽してダイエットを望みたい気持ちは分かりますが、自分は食を楽しみ、運動することの効果を知らなければ行けないと思います。

食を楽しみ、食べることの感謝を知り
運動することでアドレナリンをだし、やる気が出せます。
とても嫌がられますが、いいこともあるのです。

嫌だけと固定せず、積極的な楽しみを持ってダイエットしたいものです。

望んだ携帯の登場iPhone

 2007-01-10
今まで噂になっていたiPhoneですが、ついに今日発表されました。

IT Pro:「電話を再発明する」---Jobs氏がMac OS X搭載の携帯電話機を発表
PC Watch:スティーブ・ジョブズCEO基調講演レポート~Appleブランドの携帯電話「iPhone」を発表
CNET JAPAN:ついに発表--アップルの携帯端末「iPhone」とは
IT media:Mac+iPod+携帯でスマートフォン超えを目指す「iPhone」

米国の特許に登録されたなぞの無線機器が何かと噂されましたが案外早く発表されました。

まぁ別に携帯が発表されたからって大抵は驚きません。
今の携帯事情は進んでいます。

携帯で驚いたと言えば、カメラになる。防水できる。画面回せる。お財布になる。ワンセグ受信できる。などなどありました。
また最近ではWZERO3というPDAに近い携帯が出て小さなパソコンが登場しました。

だけど、これは違う。

今まで待ちに待っていた機能がありました。
それはタッチパネルで携帯です。

携帯初期時代は一体型なるものがありました。というか一体型が主流でした。それが大画面のために折りたたみ携帯が流行りました。
そしてその後はデザインが主流になりました。
だけど何か物足りなさを感じていました。
確かにデザインは3年前に比べたらまともになりました。
しかし携帯を見れば分かりますが、画面、ボタン。この2つからは逃れられないのです。
しか~し!このiPhoneはボタンを外しちゃったのです。
そして画面をさわって入力します。

これによって今までにない大きさと入力が出来ます。
タッチパネルによってキーボードが出来るからです。
どんなに早くうとうとしても現在の携帯では限界があります。そのためキーボードを導入する製品もありましたが、やはりPDAになってしまいます。そして大きい。
けど今回のiPhoneだったら今の形・大きさを保ちつつキーボードが実現されます。

やばい

もう、前々からタッチパネル式携帯電話を望んでいただけにこれ欲しいです。
発売は、米国2007年6月らしいです。
アジアは2008年とのことですが、海外では携帯機器を買って電話会社と契約します。
しかし日本はセット販売です。
そのためにこの携帯をどの会社が売るのか気になります。
DoCoMo?au?softbank?
どれになるのでしょうか?
または日本なしなんて事もありますね。すごく悲しいですが。

あとはどれくらいタッチパネルが使えるレベルなのか気になります。

なにはともあれ今年要チェック商品だということは間違いなしです。
タグ : IT 電話 iPhone Apple

新年の抱負

 2007-01-07
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
今年も「ちょっと止まってみよう」をよろしくお願いします。

日々の気づきをただ書くだけにとどまらず、今年は自分なりの調査をふまえて発信していこうと所存ずる次第であります。

と堅いことはやめて新年の抱負いきます。
テーマは「学習と鍛錬の一年」にします。

学びたいことは多くあります。
心理学、英語、ビジネス、経済、教育、環境、IT、プログラミング・・・等々
思いを巡らしただけでたくさんあります(笑)
これを実行可能な目標レベルまで落として行っていきます。
ただ易々出来るとは思っていません
いままでは三日坊主のひと言で終わらせてしまうことが多かったです。

その経験があるからこそ困難は必然と見えてしまいます。
これは経験が呪縛しているとも言える現象です。多くの人は過去の経験から逃れられません。
たとえばテストでいい点数を取ったことがない人は勉強をすることを諦めます。
つまりこうです。クラス平均点が60点だとする。そして自分は40点がいいところだとする。これを1回ならば影響は少ないですが、常に平均点より低いことが5,6回と続いていたらどう思うでしょうか?

出来ないと思ってしまうでしょう

そして原因が他にあるはずでも、自分には出来ないと思ってしまう。
実は勉強法が間違っていたのかもしれません
もちろん原因はケースバイケースです。
本当にダメな場合もあるでしょう。
だけど諦めるには早すぎることがあります。

そしてこれが分かっていても続かないことが起きてしまう。

行うことが出来たとしても、継続は難しいです。

だけど、今は違います。

難しいならば、継続を達成した人の知恵を借りればいいと分かったからです。

世の中には毎日コツコツと勉強が出来る人もいれば、出来な人もいます。
なら出来る人の秘密を応用すればいいだけです。
人間には生まれながらにしての違いはあります。
確かに能力、特によく気にするIQ(知能指数)は違っています。
だけど人間は変わりません
もしこれが違うというのならば、相手が感じる感情を感じ取れないということになります。
人間本来の能力は変わりません。

それだけに知恵を借りて自分なりの適用すれば続けられるはずです。



という理念を持って現在継続の勉強をしています。
その成果はこのブログで発信していこうと思ってます。

そして抱負に戻りますが、以上から継続の勉強を通して英語、環境等を勉強します。

詳しい目標については後日にて。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。