スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

Googleを神という奴はちょっと危ない気がする

 2008-02-29
情報系の学科にいるため、Googleに憧れを持つ人はいます。
だからGoogleすごい、すごいと良く聞きます。

周りがこうだこうだというと反感を持ちたくなる変わり者なので、
でも何がすごい?
と最近は思うようになってきました。

そして書籍を読み進むうちに、ある違和感を感じました。
Googleの技術ってそんなにすごいのか?
と言うことです。
技術ですごいと思うよう要因はあると思いますが、自分は己の手で作り上げたが重要じゃないかと考えています。
つまりここでいうとGoogleにいる人で作り出すことです。
それだけに買収で技術を取り込んでいるだけだと、魅力は薄れます。
それがGoogleに当てはまります。

それはこちらの記事を見ていただければ一目瞭然です。
【解説】Google,MS,Yahoo!のWeb企業買収レース,ついに最終コーナーへ

例えば,同社が広告主向けに提供しているアクセス解析サービス「Google Analytics」は,アクセス解析ソフトの有力ベンダーである米Urchinを買収して実装したものだ。2007年11月に発表して大きな話題を呼んだ携帯電話機向けプラットフォームの「Android」や,オンライン・サービス事業者が収入面で大きな頼りにしている埋め込み型広告サービスの「Adsence」も,元々は企業買収によって手に入れた技術であった。


最近話題になったAndoroidも買収によって買収が支えられています。文中に書いてありませんが、オンライン上で行うパワーポイント作成も買収によって支えいます。
グーグル、スライドショーツールのZenterを買収
他にもいろいろあり、冷静に見ればそんなに技術力がないような気がしてなりません。
よくドクター(博士)が多いと言いますが、それとクリエイティブなモノを作る関係なんて証明されている訳じゃないはずです。
言うならば、学歴的にいい人ならば、良い結果を出す。とも置き換えるアピールです。つまり東大出た人ともいえることです。
今の時代にこれはどうなのか・・・疑問を持ちませんか?

全文検索エンジンSennaの開発をしている未来検索ブラジルという会社があります。
この中で働くプログラマー竹中直純さん(インターネット初期から活躍)はGoogleに対して「人材クローラー」と言っています。(ウェブ国産力より)
なぜこのよう言い方をするかというと、すごい人材(ベンチャーを立ち上げられる人)を吸い込んでアウトプットが少ないからです。
現場で働く人でも違和感を感じています。

こうなると何がすごいか?になりますが。やはり時価総額なような気がします。
そしてわかりやすい広告というビジネスモデルです。

ただ、
Googleは広告会社か?(404 Blog Not Found)
グーグルは「すごい」のか「すごくない」のか(財務的に見たGoogle)
を見ると、それなりにすごいところはあるんだなと感じます。
でも技術者にとってすごいのか疑いたくなります。
どうなんでしょうかね。

Googleに就職する人は何がすごいのか、教えてほしいな・・・。

ウェブ国産力―日の丸ITが世界を制す (アスキー新書 047)ウェブ国産力―日の丸ITが世界を制す (アスキー新書 047)
(2008/01/10)
佐々木 俊尚

商品詳細を見る

スポンサーサイト
タグ :

米国の情報収集をするためのサイト

 2008-02-28
以前ウェブを変える10の破壊的なトレンドという本を紹介しました。
米国のWeb時流がわかりやすくまとめられていました。
紹介されているサービスは著者のブログで一覧にしてまとめられています。

ただ、なぜか本には書かれていた米国の情報収集するWebが紹介されていなかったので、こちらに書いておきます。使ってみたり知っているのはコメントをつけてみました。
時間の関係で全部はまだ使ってないです。

BussinessWeek Online(Technology)
ビジネス雑誌で有名ですが、そのオンライン版です。
CNET News.com
日本語版もありますが、本家です。
Gartner
調査会社で良く耳にします。
hitwise
informationWeek
last100
media pub
内容は米国事情、言語は日本語なので取っつきやすいです。
O'REILLY radar
Read/WriteWeb
Rough Type : Nicolas Carr's Blog
Scobleizer
TechCrunch(Japanese)
日本語です。
The Long Tail
The New York Times(Technology)
言わずとしれた新聞のオンライン版です。限定された過去の記事を無料開放なんてありましたね。
The Wall Street Journal Onile(Technology)
世界経済、金融に強い新聞、ウォールストリートジャーナルのオンライン版です。
Wired
IT雑誌オンラインの草分けで有名です。

ウェブを変える10の破壊的トレンドウェブを変える10の破壊的トレンド
(2007/12/22)
渡辺 弘美

商品詳細を見る
タグ :

さっそく選考で落ちる

 2008-02-25
前回のエントリーからさっそくとある会社のグループ面接で落ちました。
ショックでしたが、面接官の質問から技術がないと駄目な感じがしたので、自身の能力がないだけに駄目だろうなと思っていました。そして案の定でした。
Googleはエントリーシート提出で落とされたし・・・、開発経験のなさが身に染みます。

それにしても、10ヶ月前に開発経験のなさと技術力の不足を想定していただけに
対策せず、ただ時間が過ぎた毎日を過ごしていた自分にただ反省です。

これをバネにつくろ!
アイデアはありますからね。あとは根気だ。
タグ :

就職活動の違和感3:選考で落ちること

 2008-02-22
就職活動の選考で、グループワークを経験しました。
細かく書くとばれるので、大まかにいうと一緒にモノを作り上げるです。

グループワークが終わって人事の人から講評していただけましたが、
ある1人が前に出すぎていた。と言われ、言われた人は反省していました。
そして他の人に向かって私のせいで落ちららごめんね。と何度も謝っていました。
別にこっちは、落ちたらしょうがないと思っているので、大丈夫と言いました。

ここで思ったのですが、人にはそれぞれの特徴があり、その特徴を買ってくれた会社が内定を出すと思うんです。
良くも悪くも、今の自分を見てくれます。そしてその評価と会社の求めるレベルとマッチするか考えてくれます。
安定志向で活躍する人を、ベンチャーは求めるはずがありません。求めるのは挑戦する人です。
ミスマッチしたままで働いていたら、社員にとっても会社にとっても幸せになりません。

先の例も、前に出過ぎている人を注意しなかったこちらにも落ち度があります。
そんな点を評価されます。そしてそれは会社が求める人材でないというならば納得です。

そうは言っても自分の中で第一志望はあると思います。落ちることは避けたいと思います。
そのため全力を尽くして内定を取りに行くと思います。
それで落ちたら、残念ながら、自分のレベルは達していない(ご縁がない)んです。
本人からすれば、残酷でも、自分に合わない環境で働くというのはとてつもなく残酷です。
それでもと言う人は、自分のレベルを正確に知りどのレベルに達すればいいのかを知ることです。
そしてギャップがあると分かったならば、そのために努力することです。

ただ、たいていは就職活動中でこのギャップを埋めることは無理なんですよね。
だからその時は戦略を考えることです。
2,3年のスパンで、自分が入社できる会社で努力して、求める人材になることです。

新卒と言っても、その後の人生は長いです。新卒で全てが決まる時代じゃありませんからね
タグ :

SIのちょっとした一面がかいま見られる動画

 2008-02-20
ITのソフトウェア産業は元請け、下請け、孫請けと連なっている話を良く聞きます。
ひどい場合は孫の下があるとか・・・。

そんなところに技術ってないよなー
自社で作れないのを他に回すって何なのさ?
偽装請負とかなんだよ・・・

と日頃から思っていただけに、元請けのSI(System Integrator)は酷いな・・・
どれだけ腐っているんだよ・・・と思っていました。
そして、そんな噂がはっきりする動画に出会いました。みのもんたじゃないですが、ズバッ!とSI業界をいってくれます。
その名もすばり「SIビジネスに未来はあるか!?」です。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2004982

この動画はニコニコ動画で見られます。IDを持っていない人はこの際に取得することをおすすめします。
そんなの面倒!と言う方はこちらで見られます。
http://gihyo.jp/event/2007/tech-meeting/data

羽生さんという会社の社長が業界で起きている生々しい実態を語ってくれます。
就活をしているとそうなんですが、多くの会社は悪いところをあまり語りません。良い会社なら聞かれたら教えてくれますが、酷いところは煙に巻きます。
それだけに、こういう情報は重宝されます。
でも、決して間違った判断をしてはいけないことがあります。
それは決めつけることです。
たとえば、この情報で「あ、SIはだめなんだ・・・じゃあやめよう」と思ってその通りにすることです。

業界にはいい面も悪い面もあります。
まったくきれいな業界というのはないような気がします。
もしあるとしても、自分は全く行きたくないです。
たとえば、砂の粒を数える仕事とかどうでしょうか。ただ毎日、数えます。それだけです。でも福利厚生良く、給料は平均並です。ただ毎日数えるだけです。競争はありません。上司部下の関係がありません。すばらしいです。やりたいでしょうか?
自分はNOです。なぜならやりたいことがないからです。

SIには、SIにしか出来ないことはあります。
それを実現したいならば、ちゃんとSIを目指すべきです。
ただどの会社に行くかは、現場の情報を集めることは必要です。そして対策をとっておくことが必要だと思います。



あーなんて偉そうな就活生なんだろ。もし共感できたらクリックお願いします→
タグ :

米国のWeb事情を知りたいと思った時に読む本

 2008-02-19
地方在住なので、就職活動で東京に電車で行くとき、時間が出来るので本を良く読みます。
そして、たまたま書店で見つけたのが今回紹介する本です。


ウェブを変える10の破壊的トレンドウェブを変える10の破壊的トレンド
(2007/12/22)
渡辺 弘美

商品詳細を見る


Web業界を志望しているだけに、情報収集はしているつもりでした。
はてなブックマーク
INTERNET Watch
@IT
ITmedia
CNET Japan
などから毎日チェックすることを欠かしたことがありません。
だけど、この本を読んで海外を全然知らないことに気づかされました。
あるとしてもたまに日本サービスと比較するために話に出てくるだけでした。

筆者は米国ITのビジネス動向や技術動向を調査する仕事に就いていただけに、具体例を交えながら10の破壊的トレンドという言葉で潮流を紹介してくれます。
どれも知らなかったことばかりなのでとても刺激的でした。

たとえば
Googleは単語と単語で検索を行います。しかし文章で検索したくなるときがあります。
「book by children」と「book for children」で検索したときにGoogleではby、forは検索から除外されます。
そのため「事もが書いた本」なのか「子供向けの本」か判別して検索できませんでした。
それを実現しようとしているのがPowersetです。
他に、ある場所をさまざまな角度から撮影した写真を解析して3D写真にしようとするフォトシンス、加熱するウェブOSの開発(eyeOS、youOS、Googleなど)などがあります。

日本にとどまらず、とりあえず世界のIT動向を知るにはうってつけの本です。
自分でこれだけの情報を集めて、まとめるのはとても大変ですからね。


さーて、あとは米国の情報を収集する方法を見つけなくては。
タグ :

就職活動の違和感2~会社説明会に履歴書~

 2008-02-18
就職活動をしていると、会社説明会に履歴書を持って来てくださいという会社があります。
自分の観点からいうと、なんで!と思います。

履歴書は経歴・資格・趣味・特技・長所・志望動機などを書きます。
別にどれも書けることは書けます。ただ志望動機を書かせることに違和感を感じます。

だって、会社説明会ってまだ興味があるけどと思ってたり、会社の雰囲気や人、社員さんとの交流から感じるものという、文字からでは分からない情報を得る機会だと思っています。
文字以外の情報を知らずして会社の志望動機が書ける人っていったいどんな人なんでしょうか?
会社の採用HPに書かれていることだけで志望動機が書けるなんて、本当にすごいです。

人にはそれなりの評価軸があります。
賃金・評価制度・福利厚生・職場・・・・などなど、どれを重視するかは人それぞれです。
でも、多くの会社からその会社を志望するとは、1つの軸だけで判断していないはずです。
(しているよ、と言われたらこの違和感は私だけの話なので忘れてください)
やっぱり総合的な評価で会社を志望しているはずです。
この会社は賃金が良いけど、待遇がな・・・とか、普通にやっているはずです。
それなのに、会社説明会で履歴書を持たせてくるとは・・・志望動機にまともなことが書けません。会社の人は何をねらってのことなんでしょう?

それで考えてみると、あることが導き出せました。

志望動機を重視しないで違う何かを見ている。


です。
志望動機がそんなにたいしたことを書けないとは、つまり裏を返せば、その点を重視していないということが分かります。
そうすると、他の点を重視している可能性があります。
この先は会社によって違うので、何を重視しているかは自分で探してください。

なので会社説明会で履歴書を持参する会社だったら、理由を質問してみると良いかもしれないですね。

「会社説明会を経験して志望動機が書けると思うのですが、なぜ会社説明会に履歴書を持参するのでしょうか?」とね☆
タグ :

会社説明会に行って感じた違和感

 2008-02-15
ITエンジニア向けの会社説明会に行くと、決まって学生が聞く質問があります。

Q1技術がないのですが大丈夫ですか?
Q2入社後の研修は?


Q1の技術がないは、文系の人でもなれるために文理問わず採用している会社が多いので、よくある質問です。
ただ、技術がないでもOKってよくよく考えたらおかしな話ですよね。
普通に考えたら技術がある人を雇いたいと思うはずです。
そうすると、なぜ?になるわけですが、1つ考えられるのはこの業界は慢性的に人手が不足しています。
そのため、専門知識がない人に活躍してもらうことになっています。
実際に、文系でも活躍している人は多いです。会社によっては半分とか普通にあります。


2つ目は、プログラムは理系・文系の感覚で判断できないということです。
もっと違った要因でプログラミング能力が違ってくるということです。
1つの事例ですが、授業でプログラミングを勉強していましたが、友達はセンスがないと感じました。それは10教えて1の反応でした。何度言っても覚えてくれませんでした。数学、物理はそつなくこなしたので、理系のセンスはありました。

だからこれがあるんじゃないのかと思っています。
事実なら何によってか知りたいですね。

ただ、誰でもプログラミングはある程度できるようになるという話があるだけに、どれが本当なのかあやふやなんですがね・・・。
会社はこの点を見抜いているのかな?・・・


次はQ2の入社後の研修です。これは質問としては普通だと思いますが、ただ、あまりにもこの点を重視して、確認をとる人がいました。
相当心配なんでしょうね。未知の分野を学ぶって予測がつかないから不安になります。
でも、その不安を研修によって解決しようとする姿勢はどうかと思います。
会社は受け身の人を好みません。ってか一般的にそうだと思います。
受ければ感覚は大学で終わらすべきで、社会人になったら積極的な姿勢で臨むべきだと思います。つまりどうすればいいのか?という発想が必要です。
この場合は分からないのだったら経験してしまおう。という考えを持つべきです。
何を学べばいいのか分からないのだったらエンジニアに聞くなりして、独学でやってみるべきです。この業界では独学で勉強したプログラマは多いです。

このような積極的に不安を乗り越える姿勢は会社ではプラスにとってくれるはずです。
ちなみに時間がないは×です。ビジネスにおいて言い訳は通じません。
言い訳しないで、どれくらいやれるかも重要になります。


んー学生ながら、偉そうに語ってしまった。
でも、そんなに間違ってないですよね?
タグ :

しかしなんだ・・・エンジニアは人気ないのか?

 2008-02-04
最近は会社説明会の予約をしているんですが、なんか気づいたんですよね。
エンジニア専用の会社説明会は余裕でとれるけど、総合、オフィス系の専用説明会は埋まっているんですよね。
それが1社じゃなくて、ほぼどこの会社でも・・・

にしてもこの原因は
新3Kを作ったのはITエンジニアですが、まさかそのせいですかね!?
昨年開かれたIPAのイベントで、新3Kの1つに対して「帰れないじゃなくて、帰らないだけだ」とかお偉いさんが意味不明なこと言ったからですかね!?
少し古いですが堀江さんが捕まって、これは駄目だと思ったからですかね!?
2ch、winyyの負の面しか知らなくて、使えない・迷惑だらけと思っているからですかね!?


木村拓哉主演のGOO DLUCK!が放映されたとき、航空業界は人気が出たそうです。
そして次の年は平年並みになったそうです。

なんというか、見せかけだけみて流される人が多い世の中に絶望した!!
でも自分は助かった!
タグ :

マイクロソフトが米ヤフーへ買収提案:これでいいの?

 2008-02-03
Web業界を志望していますが、興味津々な出来事がありました。

それもずばり、タイトルにあるマイクロソフトが米ヤフーへ回収提案です。

Google対抗、MicrosoftがYahoo!に買収提案(ITmedia)

塗り変わるか、検索の業界地図--マイクロソフトがヤフーに買収提案(CNETJapan)
米MSが米Yahoo!の買収提案で会見。Googleへの対抗力を強化(INTERNET Watch)

いろいろなところでで取り上げられましたが新聞でも一面を飾りました。
Web業界も世間的に注目を浴びるんですね。

そして例のごとくはてなブックマークでこんな記事を見つけました。
Microsoft/Yahoo:買収はたぶん成功するだろうけど、問題はそれからだ

この記事も他の記事もそうですが、大方の予想はどうやらこの提案を飲み込むだろうとなっています。
ただ少しだけ疑問に思ったところがありました。


それは株主に重点をおいたところです。
プレミアムがついているために、今回の提案は株主にとっては確かに嬉しいです。投資したのだから、それに見合ったリターンを望むのは当然です。
ただし、それは利益の関係で繋がっているだけです。それはお金を儲けたいだけで会社を応援するという株本来の目的がなくなっている気がします。この点は会社はだれのもの?論点になるだけに絶対の正解はないと思いますが、この場合は偏っていると思います。

本来はヤフー、マイクロソフトともにグーグルに勝つためには?のはずです。
合併にはそれなりの負の面があります。企業文化に違いがあるために、すんなりすむとは思えません。マイクロソフトはシナジー効果をことさら強調していますが、現実として人が障壁になりそうな気がします。
ただ、これは日本では良く聞く話で、アメリカでも起きるのかは謎ですが・・・。


それと、今回は技術を期待してのことだと思いますが、ただ単に2つの会社の技術者を足しあわせれば、うまくいくだろう的な発想だったら疑問に思います。
技術はそう簡単に培われるものではありません。また新しく生まれるわけではありません。数多くの実験を失敗して新しい技術が生まれます。そのため新しい技術を生み出すシステムがなければあのグーグルには勝てる気がしません。


ただ、現状でも検索と広告以外なら勝てるかもしれないです。グーグルはSNSに関しては先駆者でありながら失敗してますからね。このあたりは気になります。

ネット未来地図 ポスト・グーグル時代 20の論点 (文春新書 595)ネット未来地図 ポスト・グーグル時代 20の論点 (文春新書 595)
(2007/10/19)
佐々木俊尚

商品詳細を見る
タグ :

新軸の採用方法:やっほー!マ行だ!・・・orz

 2008-02-02
Web業界志望なので、ネット上で社長がブログなんて書いてあることは多々あります。
そのため気になった会社の社長さんのブログを読んでいたりします。
そしたら、採用に関してのブログがDeNAの南場さんのブログで書かれていました。
参考になる!と思い、がっつり読んでみたら、とても衝撃的でした。

ア行の時代

これまではひと工夫で生き残ってきたDeNA。これからは

先陣を行くリーダーシップ。つまりア行の時代なのだ。

ずっと何事も準備不足で走らされてきたアイカワ君たちが

初めてトクをすることになる。



読めば分かりますが、どうやら名前がア行だと良いらしいです。
どんなデータを持ってこの結論に至ったのか気になりますが、ネタじゃなくてホントだったらどうしようもないです。そもそもネタの雰囲気があるけど、妙に信じていると思わせるばかりの文章・・・。マジなのだろうか

M原率いる人事グループに

苗字別採用を提案することにした。


なんて冒頭から書いてありますからね・・・。

でも、ネタにしても就職活動の時期にこのブログを書くなんて、相当な人です。影響を考えずに書くなんてちょっとがっかりしました。
それとも先日のフィルタリング騒動がきっかけでどうかしちゃったんですかね。
「あまりに急」「検閲では」――携帯フィルタリングに事業者から不満続出
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。