スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

仮想化にチャレンジ!VMwareでWindows vistaを試す。その2

 2008-10-12

前回は仮想化の導入検討で終わりましたが、今回はVMware Server導入してみます。

写真だけでほぼ説明します。

利用規約を読んで了承すると、英語読むの事実上無理・・・。

インストールする場所を指定します。

仮想化で使用するコンピュータ名を指定します。またHTTPとHTTPSのポート指定します。心当たりがなければデフォルトで十分です。

デスクトップ、スタートメニュー、クイック起動に追加するか、ここはお好きに。

最後にインストール確認

インストール中

ユーザー名とシリアルナンバーを入力します。シリアルナンバーはVMware ServerをDLしたページに表示されています。

完了を押して、再起動を促されますのでしてください。

どうやって起動するかと思ったらWebブラウザを使ってアクセスするようです。

Playerはウィンドウズアプリケーションからだったので、迷ってしまいました。

VMware Server Home Pageこれです。

そして、起動してみると、Firefox3では以下のような認証されていませんメッセージが表示されます。

別に、身元不明なところにアクセスするわけではないので、「例外として扱うことも;・・・」クリックして

例外を追加をクリックします。

するとこんなウィンドウが表示されるので、証明書を取得するをクリック

そしてセキュリティ例外を認証をクリック

そうすると以上のログイン画面が現れます。

ユーザ名はWindowsのユーザ名で、パスワードは設定したパスワードです。

Windows XP Homeだとユーザ名はあっても、パスワードを設定していない人は多いと思います。パスワード設定は、コントロールパネルのユーザカウントで設定できます。

ログインすると、こんな画面が表示されます。パソコンの性能が表示されます。

ここで仮想化するOSを作ります。「Virtual Machines」をクリックし「Create Virtual Machine」をクリックします。

次に名前、仮想化するOSの種類を選択、メモリの容量、HDDの設定、ネットワーク設定、CDドライブの設定、フロッピーの設定、USBの設定を行います。

作成された名前の仮想化を選びます。

その後は、「Console」を選びます。Firefoxだとアドオンをインストールするか、聞かれますが、リモートするためなのでインストールします。

その後は、以下のようなでっかい再生マークが表示されます。

これをクリックすればパソコンに電源が入ることになります。

ここでは、先にインストールしたいCDを実際のパソコンに入れます。

その後、起動させます。

しばらくするとOSのインストールが始まります。

この後はVistaのインストールなので、特に変わったところはありませんので省略気味です。というかプリントスクリーン忘れてたので、抜けがあります。

ビデオ以外の性能は良い数値っぽいです。さすがにビデオカードがないとエアロとか使えないですよね。

Webエンジニアを目指す大学生の日記  仮想化にチャレンジ!VMwareでWindows vistaを試す。その1
スポンサーサイト
タグ :

仮想化にチャレンジ!VMwareでWindows vistaを試す。その1

 2008-10-06
いつも通り生協でお弁当を買っていたら、気になるチラシが目につきました。

「キャンパスアグリーメントでWindowsOS、officeが1つ900円で買える」

えぇ!と驚きつつ、内容を確認するため生協の人に話を聞くと、自分が通っている大学生ならば900円で買えるらしいです。ただし、ちゃんと卒業しないとだめらしいです。途中で退学したら契約が切れるみたいです。

それでOSといってもwindows XP professionalまたはvista Ultimateから1つ、
officeはoffice2007 EnterpriseとMacのoffice2008から1つ選べるみたいです。
OSは最上位、officeもほぼ最上位です。
信じられないですが、officeはなかったので買いました。OSはすでにあるのでネタ覚悟で買ってみました。

OSはインストールできるPCがないので、持て余すだけかなと思いましたが、最近、仮想化を習っていたので、これはできるんじゃないか?ということでチャレンジしてみました。


まず最初に仮想化をどのソフトウェアでやるかですが、Windows vistaなんだからそれは、Microsoftが制作しているフリーソフトのVirtual PC 2007が真っ先の候補です。
だけど、インストールできるか調べてみると

Virtual PC アプリケーションを使用するためには、400 MHz Pentium 互換プロセッサ (1.0 GHz 以上を推奨) が必要です。また、約 20 MB のディスク領域も必要です。Virtual PC は、Windows Vista Business、Windows Vista Enterprise、Windows Vista Ultimate、Windows XP Professional、または Windows XP Tablet PC Edition で実行可能です。


Virtual PC 2007 製品情報より


なんとWindowsXP Professional!
Homeは去れってことなので、仕方がなくあきらめました。

次に、たくさんある中でVMware Playerを最近使い出して、後輩にLinuxを教えていたので、VMwareならやってくれるという期待を込めつつ調べてみました。
というのもPlayerは簡単に使えるので期待しました。Ubuntu8.04なら数分で起動できます。本当にLinuxが簡単に仕えすぎてびっくりしました。
ただ今回はOSをインストールするためVMware Server 2.0が対象になりますので、HPで調べてみると・・・

VMware Server - 無償のサーバ仮想化製品 - VMware

ぱっと見て
どこにも書いていない!
要求条件が全くない!

機能、FAQ、スクリーン、アドオンのどこにもない!

粘って、くまなく探すと
なにやら海外のドキュメントを見ろと手抜き説明がありました。
VMware Server Documentation
仕方がなく目を通してみるとありました。


PC Hardware
The number of virtual machines you can run concurrently depends on the resources
they require. VMware Server supports up to 16‐way multiprocessor servers, with a
maximum of four virtual machines running concurrently per processor.
VMware Server hosts must meet the following requirements:
・ Standard x86‐compatible or x86‐64‐compatible server with up to 16 processors.
Hosts with 32‐bit IA‐32 processors and IA‐32 processors with 64‐bit extensions are
supported.
733MHz or faster CPU minimum.
・Intel Xeon:
 ・ Dual‐Core, including 5000‐series (Dempsey), 5100‐series (Woodcrest),
  3000‐series (Conroe), 7000‐series (Paxville MP), and 7100‐series (Tulsa)
 ・ Quad‐Core, including 5300‐series (Clovertown)
・ Intel Core 2, including E6300, E6400, E6600, and E6700 (Conroe), Q6600 andQ6700/E (Kentsfield), and E4300 (Allendale) Series
・ AMD Opteron 1000/2000/8000 series (Santa Ana, Santa Rosa)
・ AMD Opteron 100/200/800 series (Venus, Troy, Athens, Denmark, Italy, Egypt)
・ AMD Athlon 64 (Clawhammer, Newcastle, Winchester, Venice, San Diego,
Orleans, Lima)
・ AMD Athlon 64 X2/X2 (Manchester, Toledo, Windsor, Brisbane)

Memory
You must have a minimum of 512MB of memory (2GB is recommended). The total
amount of memory you can assign to all virtual machines running on a single host is
limited only by the amount of memory on the host computer.
You must have enough memory to run the host operating system, plus the memory
required for each guest operating system and for applications on the host and guest
systems. See “Virtual Machine Specifications” on page 28 and your guest operating
system and application documentation for additional memory requirements. The
maximum amount of memory per virtual machine is 8GB.

Disk Drives
Guest operating systems typically reside in virtual disk files, although you can also
boot from CD‐ROM or from a Preboot Execution Environment (PXE) server.

Hard Disk
・ IDE and SCSI hard drives are supported.
At least 1.7GB free disk space is required for basic installation. You can delete the
installer afterwards to reclaim approximately 600MB disk space.
If you use a default setup, the disk space needs are approximately the same as
those for installing and running the guest operating system and applications on a
physical computer.
IDE and SCSI optical drives are supported.
・ CD‐ROM and DVD‐ROM drives are supported.
・ ISO disk image files are supported.

Floppy Drives
Virtual machines can connect to the host’s floppy drives. Floppy disk image files are
also supported.

Local Area Networking
・ Any Ethernet controller supported by the host operating system
・ Static IP address for your host machine (recommended)

Windows Host Operating Systems
You must use a Windows server operating system.
64‐bit host computers can run the following operating systems for 64‐bit extended systems:
・ Windows Server 2008 x64 Standard Edition
 Windows Server 2008 x64 Enterprise Edition
・ Windows Server 2003 x64 Standard Edition, SP1, SP2, R2
 Windows Server 2003 x64 Web Edition, SP1, SP2
 Windows Server 2003 x64 Enterprise Edition, SP1, SP2, R2
 32‐bit host computers can run the following operating systems:
・ Windows Server 2008 Standard Edition
 Windows Server 2008 Enterprise Edition
 NOTE Operating systems and service packs that are not listed are not supported for
 use as a host operating system for VMware Server.
 NOTE Windows 2008 Server Core installations are not supported.
 NOTE Windows 2008 Server Core installations are not supported.
 Windows Server 2003 Standard Edition, SP1, SP2, R2
 Windows Server 2003 Web Edition, SP1, SP2
 Windows Server 2003 Enterprise Edition, SP1, SP2, R2
・ Windows Small Business Server 2003 Standard Edition, R2
 Windows Small Business Server 2003 Premium Edition, R2
・ Windows 2000 Server SP3, SP4
 Windows 2000 Advanced Server, SP3, SP4



VMware Server User's Guide P23~P26より

最低動作はCPUが733MHzあればよく、メモリは512MB、HDDは空き容量1.7GB、OSは・・・
WindowsServer系つまりは2008と2003、2000でした。あえなく撃沈です。
でも、他の人、XPでインストールしてたんだよなと思いつつググると、どうやらXPでもインストールはできるみたいです。ただし正式にサポート対象じゃないだけみたいです。
動く可能性があるなら、やってみようということで、やってみることにしました。
ちなみに対応ゲストはこちら


Windows 64-Bit Operating Systems
・ Windows Server 2008 x64 Standard Edition
 Windows Server 2008 x64 Enterprise Edition
・ Windows Vista x64 Business Edition
 Windows Vista x64 Ultimate Edition
・ Windows XP Professional x64
・ Windows Server 2003 x64 Standard Edition
 Windows Server 2003 x64 Web Edition
 Windows Server 2003 x64 Enterprise Edition
 Windows 32-Bit Guest Operating Systems
・ Windows Server 2008 Standard Edition
 Windows Server 2008 Enterprise Edition
・ Windows Vista Business Edition
 Windows Vista Ultimate Edition
・ Windows XP Professional
・ Windows Server 2003 Standard Edition
 Windows Server 2003 Web Edition
 Windows Server 2003 Enterprise Edition
・ Windows Small Business Server 2003 Standard Edition
 Windows Small Business Server 2003 Premium Edition
・ Windows 2000 Server
 Windows 2000 Advanced Server

Linux 64-Bit Guest Operating Systems
・ Mandrake Linux
・ Mandriva Linux
・ Red Hat Enterprise Linux
・ SUSE Linux
・ SUSE Linux Enterprise Server
・ openSUSE Linux
・ Open Enterprise Server (OES)
・Ubuntu Linux

Linux 32-Bit Guest Operating Systems
・ Mandrake Linux
・Mandriva Linux
・ Red Hat Enterprise Linux
・ SUSE Linux
・ SUSE Linux Enterprise Server
・ openSUSE Linux
・ Open Enterprise Server (OES)
・ Ubuntu Linux

Sun Solaris 64-Bit Guest Operating Systems
Solaris x86

Sun Solaris 32-Bit Guest Operating Systems

Solaris x86

Novell NetWare 32-Bit Guest Operating System
NetWare



VMware Server User's Guide P31~P33より

対応ゲストはVirtualPCと違って多いです。さすがに仮想化オンリーだけ作っている会社です。力が違いますね。


しかし、本拠地はアメリカだから英語なのは分かる。でも日本語を出すなら導入ドキュメントぐらい書こうよ・・・。日本支社やる気なすぎでしょ。


次はVMwareのインストールとOSインストール(ゲスト作成)を行います。

Webエンジニアを目指す大学生の日記  仮想化にチャレンジ!VMwareでWindows vistaを試す。その2
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。