スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

静音化へ!電源を変えてみた

 2009-05-31
最近、PCで動画を見ることが多くなったのですが、
夜に見ていると、PCの音が気になってしょうがありません
ちょっと音が小さい動画だと、かき消されることもあります。
そのたびに、PCで出来る音量設定はMAXなので、1m離れたスピーカーにあるつまみで調整します。

あぁ、めんどくさい!
ってかうるさいPC!

それぐらい我慢しろと言う声も聞こえそうですが、社会人になったし、少しだけの贅沢を味わうために、
たぶん、騒音の一番の原因である電源を変えることにしました。


静かになることを第一にして、色々と悩みましたが、買ったのはこちら!

ANTEC [TP-550AP] 80PLUS BRONZE認証取得 高効率550W電源ANTEC [TP-550AP] 80PLUS BRONZE認証取得 高効率550W電源
()
不明

商品詳細を見る


惹かれた点は
・ファンが可変長で動くので、静か!
・中身はしっかり作られている。
・ケーブルが後から追加できる
・2chでは鉄板になりつつある。
・5年保証付き


情報源として2chを大変参考にしました。
2ch!と思う方、PCの知識がある方が多いのか、情報としてかなり参考になります。
だから今回は、かなりの部分を参考にしました。

あとは、coneco.netのレビューを参考にしました。
ANTEC/アンテック True Power New TP-550AP 評価・レビュー [coneco.net]
conecoは動画があるし、文章が分かりやすくて参考になります。


実際に買ったのはこちらです。アマゾンはちょい高いです。
Just MyShop - Antec PC電源 TP-550AP(製品の特長/動作環境・カタログ) -
安くて、送料が無料な点がいいです。自分は、注文してから2日で出荷して3日目で到着しました。


しかし、電源に1万円も使って効果があるのか不安でしたが、いざ使ってみて

静かさに大変満足しました。

恥ずかしながら今まで、爆音だったのを痛感させられました。
HDDレコーダーを使用していますが、HDDレコーダーの起動音と同じぐらいになりました。
本当にびっくりしました。これなら、やらないですが、つけっぱなしで寝ても問題なしです。

これで80PLUS Bronzeを取得しているぐらいだから、変換効率で電気代が安くなり、熱排気が少なくすみます。

知らない人に80PLUS Bronzeを説明すると、電源の電気変換率に基準を設けて、ある一定の基準に達したら、80PLUSが認証されます。
そして、さらに格付けがあって、無印、ブロンズ、シルバー、ゴールドが用意されています。
今回はその中で上から3番目にいいブロンズです。

80PULSの説明はこちらが分かりやすいです。
80PLUS Bronze/Silver取得  - ENERMAX
何がいいか引用すると、

・従来より低発熱(高効率)で、排熱が少なく、空冷設備費用を抑えることができる
・従来より高寿命(熱による劣化が少ない)で、設備投資費用を抑えることができる
・従来より低電力なので、同じ設備規模で、より多くのコンピューターを設置できる
・従来より総合的に、維持費を抑えることができる。


という利点があります。

長く使えば、使うほどお得になります。
とはいえ、今回は費用対効果まで計算していません。目的は静音化ですからね。


しかし、いざ使ってみると静かになったのはいいけど、その他の音が気になるようになりました(笑)
それは、CPUファンです。
現在はCore2Duoに付いてきたIntelのリテールを使っていますが、よくよく調べてみると、CPUファンとしてはうるさい分類に入るそうです。

こうなると、人間は欲が出てくる物です。
CPUファンを変えたらさらに静かになるのでは?
そんなことを考えるようになります。

ということで、次はCPUファンを変えてみることにします。


おまけ
箱の中身

ケーブルは後からつけられるのでケース内に邪魔なケーブルが少なくてすみます。
スポンサーサイト
タグ :

1000時間の魔力

 2009-05-25
先日、このような記事を見つけました。
プログラミング初心者入門講座: プログラミングの学習は、「1,000時間シート」を使えば挫折しない。

そしてこの記事を思い出しました。

あなたも「天才」になれる? 10000 時間積み上げの法則 | Lifehacking.jp

だから、これを使って能力を身につけてやる!
と思いましたが、どうもシートが自分に合わないです。
そこで、オリジナルを作ってみました。


色はブルーが好きなので、ブルーにして、5項目目に補助線をつけて見やすくしました。
また左下から進むようにしました。
数学の影響か、左下からの始点が落ち着きます。

使いたい人は勝手にどうぞ。
あと、何か希望があれば、どんどんいって下さい。出来るだけこたえます。
タグ : hack 1000

今回もいってきたエンジニアの未来サミット0905

 2009-05-23
昨年の9月に行われた、エンジニアの未来サミットの2回目です。
単発で終わるのかと思っていたら、今年は社会人1,2年生を対象にした内容で開催されました。

前回はこれからITを目指す人向けで、私は社会人前だったし、
今回は新社会人向けで、私は新社会人だし、なんという偶然でしょうか。
そして2回とも当選するという運のもちようです。倍率知らないけど、これは運があるとしか言えない!

0905:エンジニア・サバイバル | エンジニアの未来サミット … 技術評論社

前回の感想はこちらで
一流のWebエンジニアを目指す社会人日記  エンジニアの未来サミットに一言二言



受付で頂いた物です。シールは参加者の証です!
ペンはドクタークリップのミニ版です。
パソナテックさんが協賛だったので、前回のような悪夢を想像したのですが、至って普通でした(笑)


内容は、2部に分かれて
第一部は2時間で、
よしおかたかひろ(進行)
ひがやすを
谷口公一
楠正憲
の4名が「おしえて!アルファギーク エンジニアが幸せになる方法」で議論されていました。


第二部も2時間で
小飼弾
閑歳 孝子
米林 正明
山崎 徳之
井上 恭輔
高井 直人
馮 富久(技術評論社でモデレータ)
の実質6名による「弾vs個性派エンジニア サバイバル討論」で議論されていました。


一部、二部とも得る物があったので、個人的に良かったですが、2二部の方が会場的には盛り上がっていました。
さすが弾さんとでも言うべきか(笑)


第一部はざっくりまとめてしまうと。
1.オープンソースで活躍するのが一番良い
2.新しい技術には若いもベテランもないから若い人はチャンスだ(その中でクラウドがいい)

が回数的に多く出たので、一定の結論ですかね。

他に良かった点は、楠さんが発言した「生の情報を大切にすること、好きなポイントを見つけること」です。
これは第二部でも指摘されましたが、人と人が直接会って発せられる生の情報は、大切です。
理由は、雰囲気、会話の声、表情、動作、などがうまく混ざって人は情報を判断するからです。
別にこれらの情報がなくても、メールのように文字だけ、電話のように声だけでも情報は伝わります。
だけど、それは情報が多く削られています。また会って話すは思わぬ事が聞けます。

次に、好きなポイントを見つけるですが、これは常々感じます。
理由は、この好きなポイントを見つけたからこそ今の自分を再認識して、今進んでいる道が正しいのだと胸を張って言えるからです。
また再現性があれば、長く続けることが出来るからです。

これは大きいです。自信を持つことは、道を突き進むときに絶大な効果を生み出します。
また、長く続けられるということは多くの場合、プロになれます。


第二部をざっくりまとめると、多くのパネラーがそれぞれの主張をしていたので無理があるのですが、あえて言うならば


とにかくやってしまえ


当たり前と言えば当たり前ですが、これは一つの才能だと思います。

人はやりたいことが、あれこれと多いと思います。
その中で、とにかくやってみるは、難しいです。

食べることが好きな人が、食事をおろそかにして、プログラムを書く
体を動かすのが好きな人が、サッカーに行かず、プログラムを書く
飲むことが好きな人が、飲み会に行かず、プログラムを書く

生きていれば、誘惑は多い物です。
それを打ち消してまで、とにかくやってみるは、難しいです。

だから今回のエンジニアの未来サミットの根底に流れていた「ITとにかく好きだろ」が必要になってくると思います。

でも、それは人によって度合いが違います。
だからそれだけにやってしまうのは才能です。いや、運が良かったと言うべきでしょうか。
何にもまして、好きなことをやってしまう物を見つけたからです。


だから、第一部にもあったとおり、好きなポイントそして好きな度合いを他と比較して、欲しいです。
例えばこんな感じ

寝る >= 読書 = アニメ = 聞く > プログラム > 食べる > 飲み > ・・・

これは、日頃から意識しないと、どっちが大事かは実際にやっている途中じゃないと分からないので、日頃から、
「まてよ、今あれをやるとしたら、今のこっちはやるか?」「どっちが好きだ?」と問いかけて欲しいです。

それが分かれば、とにかくやってみるが出来なくても、不思議ではありません。
ただそれほど好きじゃないからです。

そしてこの先は、まだどうすればいいか分かってないんですよね(笑)
順位を上げる方法がある、場合によって変わるのではないかという仮説は立てていますが、まだ検証していません。
タグ :

初めての献本「アウトプット勉強法」

 2009-05-17
まさかの献本がありました。

それはこちら

仕事頭がよくなるアウトプット勉強法仕事頭がよくなるアウトプット勉強法
(2009/03/16)
増永 寛之

商品詳細を見る


著名人のブログでよく献本が行われ「ただで本が読めるなんて、羨ましい」と常々思っていましたが、いざ献本されると、

すごく嬉しいですね。

本当に献本して頂き、ありがございます。ちゃんと書評します。

それにしてもこれも、アウトプットを意識したこのブログのおかげです。
そして、それはこの書籍にも関係しています。

大学時代に、とある社長さんとお話しする機会がありました。
人材会社の社長さんで、出来る人出来ない人の事をよく知っておられました。
そのお方は、ことある毎に「アウトプット」の重要性を説いていました。
また以前読んだ本、「情報ダイエット仕事術」でもアウトプットを意識したことが書かれていました。
これも良かったので、後々紹介します。

この流れは、本当に日頃から実感します。
以前書いた記事に書くこと(アウトプット)が大事なのを書きました。
一流のWebエンジニアを目指す社会人日記  考えるは指先から

そして本書は、アウトプットを成果とほぼ見なして、
成果を出すために、どのように勉強し、アウトプットするべきかを著者の経験を交えながら書かれています。
社長になり、プレジデントビジョンという何十万にも有するメルマガ発行するという成果を出しているだけに、説得力はあります。
仕事術としては、そこまで新しい物はないので、仕事術をよく読んでいる人には少々物足りないと感じるかもしれませんが、初めての人、インプットしているけど思った成果が出ていない人には読んで頂きたいです。

あと、度々言いますが、仕事術に絶対の正解はなく、自分に合うか合わないかを考える。試してから行って下さい。それがアウトプットになるからです。

というのも、読み終わって改めてアウトプットはなんたるかを考えてみました。
アウトプットとは

インプット →  人  → アウトプット

こんな関係だと思います。
もちろんインプットがなくても、人はアウトプットできます。しかし、それは限りがあります。
そのためインプットという知識を手に入れます。

そしてアウトプットします。
しかし、アウトプットはただ出すだけではないと思います。
本当のアウトプットは、人の中で何かしらの変化を与えることです。
つまりはAという物がBになることです。

A → 人 → B

しかし、これが

A → 人 → A

だとして、どうでしょうか?
確かに、得た知識をそのまま使えることはすばらし事かもしれませんが、変化のない所だけに限ります。つまり正解が変わらないテストです。

しかし、生活、ビジネスにおいて変化がないことはそうそうありません。
そのため、これから求められる本当のアウトプットは変化を与えることです。
そして変化とは簡単に言えば考えるです。
その考えるを起こす仕組みとして、人に紹介するが一番だと思います。
人に紹介すると、どうしてもそのままの情報はつまらないかも知れません。だからオリジナルを出したくなります。
そこで考えることになります。


また、変化が勝手に起きる場合があります。
例えば、
「この仕事術で売れる!」
「この勉強法で年収、10倍!」
などのキャッチコピーがあるとしても、実際は

A → 著者 → A
A → 私 → C

になると思っています。
人によって入ってくる情報がAと同じでも、人によって性格・思想が違うので変化します。
そのため思った成果が出ることは望めません。
だからこそ、アウトプットをして、自分に合うように調整をする必要があります。


結局は、
1.アウトプットを鍛えるために考える。考えるためにアウトプットで人に紹介するを行う。
2.方法・術は自分に合わせる必要がある。そのためにアウトプットして確認する。

と言うことになります。
やっぱアウトプット重要ですね。

P.S 献本喜んで受け付けますので、コメント欄にどんどんよろしくお願いします。(笑)
タグ :

社会人になって1ヶ月

 2009-05-05
お久しぶりです。と言っても常連で見ている人はいるのか・・・。

えー、社会人になって1ヶ月がたちました。

そこでタイトルも「Webエンジニアを目指す大学生の日記」から「一流のWebエンジニアを目指す社会人日記」に変更しました。
理由は簡単です。職業的には、Webエンジニアになれました。ただ、やはり技術がありません。
同期を見ても、開発経験が豊富であり、知識、身のこなし、まとめる力が際立つ人ばかりです。
大学生の時に何をやっていたんだ!
と思えるぐらいのすごさです。
この辺は予想していただけに、ショックは和らいでいますが、それでも悔しいところです。

ようは、まだぺーぺーなので、これから一流という目標へ這い上がっていくことをタイトルに込めてみました。


正直、今までと生活が大きく違っているので、更新できるか不安ですが、出来るぐらいに活動をして一刻でも早く一流になりたいと思います。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。