スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

bashのデバッグツールbashdbを試す

 2011-12-11
bashでスクリプトを書くことがあるのですが、echoデバッグしか出来ませんでした。
だけど、bashdbを使用すればデバッグが出来ます。


インストール


環境:Fedora11
yum install bashdb

これで完了です。

使い方


()内は別名です。基本的なのを以下に書いておきます。

1行進める:step(s)
ブレークポイント設定: break(b) <行数>
実行再開:continue(c, cont)
変数表示:print(p) <変数名>
再実行:restart(R)
終了:quit(q)
ヘルプ表示:help(h)
ソース表示(10行表示):list(l) [基点行数]
停止条件の設定:watch <条件文>


参考
シェル・スクリプトのデバッグ・ツール、bashdb - SourceForge.JP Magazine : オープンソースの話題満載
bashdbによるシェルスクリプトのデバッグ - 理想未来はどうなった?
スポンサーサイト
タグ :

今更だけどSubversionを立ててみた

 2011-12-03

ソースコードをまともに書く気になったのですが、
管理されていないコードほどたちが悪いのはないと、仕事で痛感していますので、
サーバーに導入します。

Subversionのインストール


OSはFedora11です。Webから見られるようにするため、VewVCも導入します。

管理者になっておきます。
$ su


# yum install subversion mod_dav_svn

yumで必要なパッケージをインストールします。

Subversionのディレクトリを作成します。
# mkdir /var/www/snv
# svnadmin create /var/www/svn/repos
# chown -R apache:apache /var/www/svn/repos


# vim /etc/httpd/conf.d/subversion.conf

設定ファイルがあるので最後に以下を追加します。
<Location /repos>
DAV svn
SVNParentPath /var/www/svn
SVNAutoversioning on
Order deny,allow
Deny from all
Allow from 127.0.0.1
Allow from 192.168.0.0/24
</Location>

アクセス制限は環境によって適宜変更してください。

ここまで設定があっているか確認します。
# /etc/init.d/httpd configtest
Syntax OK

OKではない場合は、修正が必要です。


ViewVCのインストール



次にViewVCをインストールします。
# yum install viewvc mod_python


以下の設定を変更します。
# vim /etc/viewvc/viewvc.conf

■場所の設定
root_parents =

root_parents = /var/www/svn :svn

■日本時間に変更
#use_localtime = 0

use_localtime = 1


Apacheから起動前に単独で動作させます。
# python standalone.py -h 192.168.0.8
server ready at http://192.168.0.8:49152/viewvc
192.168.0.4 - - [03/Dec/2011 11:51:56] "GET /viewvc HTTP/1.1" 200 -
192.168.0.4 - - [03/Dec/2011 11:51:56] ViewVC exited ok
192.168.0.4 - - [03/Dec/2011 11:51:57] "GET /viewvc/*docroot*/styles.css HTTP/1.1" 200 -
192.168.0.4 - - [03/Dec/2011 11:51:57] ViewVC exited ok
192.168.0.4 - - [03/Dec/2011 11:51:57] "GET /viewvc/*docroot*/images/viewvc-logo.png HTTP/1.1" 200 -
192.168.0.4 - - [03/Dec/2011 11:51:57] ViewVC exited ok
192.168.0.4 - - [03/Dec/2011 11:51:57] "GET /viewvc/*docroot*/images/dir.png HTTP/1.1" 200 -
192.168.0.4 - - [03/Dec/2011 11:51:57] ViewVC exited ok
192.168.0.4 - - [03/Dec/2011 11:51:57] "GET /viewvc/*docroot*/images/favicon.ico HTTP/1.1" 200 -
192.168.0.4 - - [03/Dec/2011 11:51:57] ViewVC exited ok

出力されたアドレスにアクセスしてSubversionのディレクトリが確認できます。
アクセスするたびにログが出力されます。

Ctrl+Cで終了させ、Apacheの設定をします。
# vim /etc/httpd/conf.d/viewvc.conf

Alias /viewvc /usr/lib/python2.6/site-packages/viewvc/bin/mod_python/viewvc-mp.py
Alias /viewvc-static /usr/share/viewvc/templates/docroot
<Directory /usr/lib/python2.6/site-packages/viewvc/bin/mod_python>
AddHandler python-program .py
PythonHandler handler
Order deny,allow
Deny from all
Allow from 127.0.0.1
Allow from 192.168.0.0/24
</Directory>

Fedora11ならアクセス制限以外は変更しません。

# /etc/init.d/httpd restart

Apacheを再起動させ、http://~~/viewvcにアクセスします。
すると以下の画面が出ます。

ViewVC Repository Listing

これでインストールは終わりです。

試しにチェックアウトします。
$ svn co http://192.168.0.8/repos/repos
リビジョン 0 をチェックアウトしました。

これで後は使うだけです。


参考


バージョン管理システム構築(Subversion) - Fedoraで自宅サーバー構築
ViewVC/1.1.2のインストール - PukiWiki
LAN内にてSvn環境を構築してみた - ちょっとした更新
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。