スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

本をぶった切ってみました。

 2008-09-21
先日、Linuxの勉強で利用している書籍を紹介しましたが
Linuxの勉強を1から始めました。
その中でとても分厚い本を紹介しました。
手順が事細かにかかれているので、初心者には嬉しいのですが、1015Pもあり、持ち歩くのに不便です。いや、持ち歩かなくても、卓上で開いて置くだけでも存在感があります。
そこで欠点をなくすべく

ぶった切ってみました(笑)

前に
分厚い技術書を手軽に持ち運ぶ方法 | 学び | キャリア形成のお手伝い | あすなろBLOG
を読んでいて、面白いことするなー程度でしたが、いざ分厚い技術書を持ち歩くようになって、必要性を実感してやってみました。

記事ではアイロンを使っていますが、
---本のばらし方--- 資格の本やPCのリファレンス系の本など、分厚いものが多いのですが 、持ち歩きやすくするために きれいにばらしたいと思っています。 ただ 本によって.. - 人力検索はてな
元になっているはてなの人力検索ではドライヤーも使えると書いてあったので、独り身だと意外にアイロンがないと思ったのでドライヤーでやってみました。
それに1200Wで温度ヒューズが190度と書いてあったし、大丈夫だろうと思たので。

方法としては、熱すれば紙を結びつけている接着剤が柔らかくなり、その状態で切るらしいです。
書籍すべてがそうなのか知りませんが、結構当てはまるのかもしれません。

そして挑戦した結果がこれです。
DVC00029.jpg

DVC00028.jpg
最初はちょっと要領が分からず、ギザギザに切れてしまいました。
だけど、要領が分かりました。

コツとして、とにかく背表紙を十分に熱して切りたいところを開き、パックリ開けます。
そして、内側からもドライヤーを当てて、すぐにカッターで一気に切ります。
ノコギリ見たく小刻みにやっても時間がかかり、冷めてしまって接着剤が堅くなります。
だから鉄は熱いうちに打てじゃないですが、接着剤は熱いうちに切れです。
本を垂直に立てて、真下に切ればきれいに切れます。

ただ、カッターの切れ味が悪いと、難しいかもしれません。
自分は、OLFAカッター刃を使いました。これ昔から使っていますが、切れ味が良いんですよね。


とまぁ、人によっては抵抗があるかもしれませんが、読まないより読む工夫は必要だと思っている人は、試してはいかがでしょうか?

唯一の弱点は、途中で表紙がない部分ができしまうので、破けてしまうのではないか?と不安に感じるところです。この点は、乱雑に扱わなければ、大丈夫だとは思いますので、雑な人は注意した方が良いですね。
スポンサーサイト
タグ :
コメント
本をぶった切る。びっくりしましたが、読む努力と聞き納得です。
【2008/09/22 06:21】 | あめふりさあかす #- | [edit]
自分もこの方法を知ったとき驚きました。
【2008/09/22 20:23】 | みっきー #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mikky3.blog40.fc2.com/tb.php/105-4ba83ec9

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。