スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

仮想化にチャレンジ!VMwareでWindows vistaを試す。その2

 2008-10-12

前回は仮想化の導入検討で終わりましたが、今回はVMware Server導入してみます。

写真だけでほぼ説明します。

利用規約を読んで了承すると、英語読むの事実上無理・・・。

インストールする場所を指定します。

仮想化で使用するコンピュータ名を指定します。またHTTPとHTTPSのポート指定します。心当たりがなければデフォルトで十分です。

デスクトップ、スタートメニュー、クイック起動に追加するか、ここはお好きに。

最後にインストール確認

インストール中

ユーザー名とシリアルナンバーを入力します。シリアルナンバーはVMware ServerをDLしたページに表示されています。

完了を押して、再起動を促されますのでしてください。

どうやって起動するかと思ったらWebブラウザを使ってアクセスするようです。

Playerはウィンドウズアプリケーションからだったので、迷ってしまいました。

VMware Server Home Pageこれです。

そして、起動してみると、Firefox3では以下のような認証されていませんメッセージが表示されます。

別に、身元不明なところにアクセスするわけではないので、「例外として扱うことも;・・・」クリックして

例外を追加をクリックします。

するとこんなウィンドウが表示されるので、証明書を取得するをクリック

そしてセキュリティ例外を認証をクリック

そうすると以上のログイン画面が現れます。

ユーザ名はWindowsのユーザ名で、パスワードは設定したパスワードです。

Windows XP Homeだとユーザ名はあっても、パスワードを設定していない人は多いと思います。パスワード設定は、コントロールパネルのユーザカウントで設定できます。

ログインすると、こんな画面が表示されます。パソコンの性能が表示されます。

ここで仮想化するOSを作ります。「Virtual Machines」をクリックし「Create Virtual Machine」をクリックします。

次に名前、仮想化するOSの種類を選択、メモリの容量、HDDの設定、ネットワーク設定、CDドライブの設定、フロッピーの設定、USBの設定を行います。

作成された名前の仮想化を選びます。

その後は、「Console」を選びます。Firefoxだとアドオンをインストールするか、聞かれますが、リモートするためなのでインストールします。

その後は、以下のようなでっかい再生マークが表示されます。

これをクリックすればパソコンに電源が入ることになります。

ここでは、先にインストールしたいCDを実際のパソコンに入れます。

その後、起動させます。

しばらくするとOSのインストールが始まります。

この後はVistaのインストールなので、特に変わったところはありませんので省略気味です。というかプリントスクリーン忘れてたので、抜けがあります。

ビデオ以外の性能は良い数値っぽいです。さすがにビデオカードがないとエアロとか使えないですよね。

Webエンジニアを目指す大学生の日記  仮想化にチャレンジ!VMwareでWindows vistaを試す。その1
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mikky3.blog40.fc2.com/tb.php/113-5c74c896

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。