スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

初めての献本「アウトプット勉強法」

 2009-05-17
まさかの献本がありました。

それはこちら

仕事頭がよくなるアウトプット勉強法仕事頭がよくなるアウトプット勉強法
(2009/03/16)
増永 寛之

商品詳細を見る


著名人のブログでよく献本が行われ「ただで本が読めるなんて、羨ましい」と常々思っていましたが、いざ献本されると、

すごく嬉しいですね。

本当に献本して頂き、ありがございます。ちゃんと書評します。

それにしてもこれも、アウトプットを意識したこのブログのおかげです。
そして、それはこの書籍にも関係しています。

大学時代に、とある社長さんとお話しする機会がありました。
人材会社の社長さんで、出来る人出来ない人の事をよく知っておられました。
そのお方は、ことある毎に「アウトプット」の重要性を説いていました。
また以前読んだ本、「情報ダイエット仕事術」でもアウトプットを意識したことが書かれていました。
これも良かったので、後々紹介します。

この流れは、本当に日頃から実感します。
以前書いた記事に書くこと(アウトプット)が大事なのを書きました。
一流のWebエンジニアを目指す社会人日記  考えるは指先から

そして本書は、アウトプットを成果とほぼ見なして、
成果を出すために、どのように勉強し、アウトプットするべきかを著者の経験を交えながら書かれています。
社長になり、プレジデントビジョンという何十万にも有するメルマガ発行するという成果を出しているだけに、説得力はあります。
仕事術としては、そこまで新しい物はないので、仕事術をよく読んでいる人には少々物足りないと感じるかもしれませんが、初めての人、インプットしているけど思った成果が出ていない人には読んで頂きたいです。

あと、度々言いますが、仕事術に絶対の正解はなく、自分に合うか合わないかを考える。試してから行って下さい。それがアウトプットになるからです。

というのも、読み終わって改めてアウトプットはなんたるかを考えてみました。
アウトプットとは

インプット →  人  → アウトプット

こんな関係だと思います。
もちろんインプットがなくても、人はアウトプットできます。しかし、それは限りがあります。
そのためインプットという知識を手に入れます。

そしてアウトプットします。
しかし、アウトプットはただ出すだけではないと思います。
本当のアウトプットは、人の中で何かしらの変化を与えることです。
つまりはAという物がBになることです。

A → 人 → B

しかし、これが

A → 人 → A

だとして、どうでしょうか?
確かに、得た知識をそのまま使えることはすばらし事かもしれませんが、変化のない所だけに限ります。つまり正解が変わらないテストです。

しかし、生活、ビジネスにおいて変化がないことはそうそうありません。
そのため、これから求められる本当のアウトプットは変化を与えることです。
そして変化とは簡単に言えば考えるです。
その考えるを起こす仕組みとして、人に紹介するが一番だと思います。
人に紹介すると、どうしてもそのままの情報はつまらないかも知れません。だからオリジナルを出したくなります。
そこで考えることになります。


また、変化が勝手に起きる場合があります。
例えば、
「この仕事術で売れる!」
「この勉強法で年収、10倍!」
などのキャッチコピーがあるとしても、実際は

A → 著者 → A
A → 私 → C

になると思っています。
人によって入ってくる情報がAと同じでも、人によって性格・思想が違うので変化します。
そのため思った成果が出ることは望めません。
だからこそ、アウトプットをして、自分に合うように調整をする必要があります。


結局は、
1.アウトプットを鍛えるために考える。考えるためにアウトプットで人に紹介するを行う。
2.方法・術は自分に合わせる必要がある。そのためにアウトプットして確認する。

と言うことになります。
やっぱアウトプット重要ですね。

P.S 献本喜んで受け付けますので、コメント欄にどんどんよろしくお願いします。(笑)
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mikky3.blog40.fc2.com/tb.php/129-80229b46

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。