スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

Unixコマンドの色づけ色々

 2011-11-13

最近、自分の中でターミナル上で色づけするが流行っています。
というよりほんのちょっとの改善を考えて、実践するのが楽しくてやっています。

ほんの少しかもしれませんが、誤認が減るので地味に良いです。

less



漢(オトコ)のコンピュータ道: lessでソースコードに色をつける
を参照していていただければ、出来ます。
軽く見たいときはlessで終わらせることがあるので、便利です。


ls


環境によっては標準で色つきになっていますが、なっていない場合があります。
なっていない場合は、是非ともやっておきたいです。
FreeBSDとLinuxを使うことがあるのですが、どちらも微妙に違うので気をつけてください。


FreeBSDは以下です。

alias ls='ls -G'

詳しくはこちら
lsのカラー表示


Linuxだと

alias ls='ls --color=auto'

で可能です。


diff


colordiff で diff や svn diff を見やすくする方法 - Craftworks Tech Blog - Branch
こちらを見ていただければ、出来ます。
コミットする前にdiffで確認するのですが、これがあれば変更点も一目で分かります。


gitはオプションで出来ます。
git diffをカラー表示 - うんたらかんたら日記


grep


grepはオプションで可能です。ただし古いバージョンではないみたいです。
オプションは--color=auto
で可能です。
環境変数もありますが、詳しくはこちらで。
DSAS開発者の部屋:カラフル端末で視認性を高める - grepとシェルのプロンプト編



ack


標準ではないコマンドですが、ファイルから文字列を検索するコマンドです。
とても便利なのでgrep -rばかりを使っている人は是非乗り換えをおすすめします。

ackコマンド - 上から目線
こちらの記事がわかりやすいです。

さらにvimのackプラグインを導入すると、さらにハッピーになれます。
ack.vimで編集効率を10倍向上させる | Glide Note - グライドノート


スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mikky3.blog40.fc2.com/tb.php/158-9c5605f4

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。