スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

リアルタイムログ解析ツールPiwikを使ってみた。

 2011-11-19

概要


Piwik - Web analytics - Open source
PiwikはGAの代わりにログ解析するOSSと謳っています。
20万のWebサイトで使用され、現在はバージョン1.6が最新版です。

日本語に対応しているみたいですが、全部が日本語になっていないません。
ここら辺はちょっとサポートが不十分ですね。

Piwikの公式HPで紹介している良いところは以下の点です。
1.リアルタイム解析
2.APIでデータを取り出せる
3.使いやすいUI
4.プラグインでカスタマイズ可能
5.オープンコミュニティで使われている

実際の動作は自前でインストールをしないで、ネットからデモが見られます。
http://demo.piwik.org/
どんな感じかすぐに分かるので良いですね。

デモ画面はこんな感じです。
piwik_01_demo_top.png


インストール


必要な最低限のソフトウェア、ライブラリは以下です。

1.PHP version 5.1.3以上
2.MySQL version 4.1以上
3.PHP extension pdoとpdo_mysqlまたはmysqli extension

おすすめはPHP5.3で、グラフ表示でPHP GD extensionが必要らしいです。
あと、解析するサイトのトラフィック状況によってはPHPのmemory_limitを変える必要があるみたいです。


さっそくインストールします。
環境:Fedora11
パッケージすべて最新にアップデート済みです。

mysqlとphpはすでに入っていましたが、yumからインストールできます。

他に以下をインストールします。
$ sudo yum install php-gd
$ sudo yum install php-mbstring
$ sudo yum install php-xml


モジュールの読み込みをするためリスタートしておきます。
$ sudo /etc/init.d/httpd restart


capture0012.jpg
最初にアクセスすると、権限を変更する必要があると表示されます。
apacheの所有者にすることでも出来るみたいですし、Webからアップデートも可能になるので所有者の変更にします。
piwik以下のすべてのディレクトリを変更します。
$ chown -R apache:apache piwik


capture0013.jpg
権限を変更して再度アクセスすると、設定画面が表示されます。
これは楽ですね。

capture0014.jpg
次に進むと必要な設定が表示されます。
赤色は必ずやるみたいで、表示されたコマンドを実行します。
黄色の警告があっても次へいけます。

capture0016.jpg
OKだとこうなります。

capture0017.jpg
mysqlで使用するアカウントとデータベースの設定をします。

普通はないのでアカウントとデータベースを作成します。
mysqlのコマンドは以下です。

create database piwik;
GRANT ALL ON piwik.* TO piwik@"127.0.0.1" IDENTIFIED BY "ここにパスワード";

作成したアカウントとデータベースを入力します。


capture0018.jpg
設定が合っていれば、テーブルが作成されます。
キャプチャするため一度戻ったので、再作成してます。

capture0019.jpg
Piwikの管理アカウントの設定です。


capture0020.jpg
ログのトラッキングをするサイトを入力します。

capture0021.jpg
トラッキングのため表示されたJavaScriptを埋め込みます。
表示されたコードをbodyタグの終了前に埋め込みます。


他にJavaScriptが使えないサイト用に、画像によるトラッキングも用意されています。
ただし画像によるトラッキングは、
検索語、リファラ、解像度、使用プラグイン、ページタイトルはトラッキングできなくなるとのことです。

他にPiwikのPHPによるAPIがあるみたいです。他の言語は標準ではなく、問い合わせが必要みたいです。

詳細は省きますが、以下で確認できます。
Piwik Tracking API - Piwik


capture0022.jpg
完了したみたいです。

capture0023.jpg
ログイン画面になるので、先ほど入力した管理者アカウントを入力します。

capture0024.jpg
ログイン後はデモと同じ画面です。ただ数値がありません。
実際にアクセスしてみます。
capture0025.jpg
たしかにリアルタイムです。
F5を数回押してみます。
capture0026.jpg
PVがカウントされています。


capture0027.jpg
ビジター、つまり訪問者では細かく表示されています。


以上でインストールは完了です。
次からは内部の仕組みを見ていきます。


参考


Piwik requirements - Piwik
Scientific Linux 6で自宅サーバー構築 その16 Piwikでアクセスログ集計 » sa-sa-ki.jpのblog
Piwik のインストール方法 詳細解説
Piwik 高性能アクセス解析オープンソースソフト GoogleAnalyticsよりも柔軟に高性能  モバイル用アプリも用意 日本語標準対応|PCあれこれ探索

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mikky3.blog40.fc2.com/tb.php/159-b3fa5f98

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。