スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ウェブリテラシーを鍛えよう!

 2007-12-23
ウェブ進化論で有名な梅田望夫さん著の「ウェブ時代をゆく」を読みました。(Web業界に興味がある人は一読の価値ありです。)
ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)
(2007/11/06)
梅田 望夫

商品詳細を見る


ウェブ時代をゆくという題名ですが、ITによるこれからの職業観を考えさせる内容でした。
好きなことを徹底してできる方法が見つかった。そしてそれを実現することこそ良い人生なのではないかと思わせる内容でした。

ただ、こんな記事があります。
「何時間働くと過労死するのか」 「好きなら大丈夫」かで議論白熱
楽しいことをやっていても、人によってはそれを危険と感じない人がいるために、プッツンと糸が切れてしまうことがありそうです。
それだけに誰にも「好きなことを貫く」というやり方は当てはまりそうにありません。
何のために働くか?という問いもあるだけにケースバイケースになりそうです。


ただ、ウェブ時代をゆくの中ではっとさせられたことがあります。
それはウェブリテラシー能力を高めることです。
人によっては聞き慣れない言葉だと思います。それもそのはず、これ!という決まった考えはありません。
ただ情報リテラシー、メディアリテラシーから察するに、Webの仕組み、使い方を分かっている事だと思います。

梅田さんは
1.ウェブの仕組み
2.サイト構築
3.ウェブへの理解力
4.プログラミング力
の4つでとらえようとしていました。
これはITは実力がものを言う世界になると予想しているだけに、とても納得できました。それに、最近はより学ぼうと決意していただけに共感できました。

そして毎度ながらはてブをチェックしていたらこんな記事を見つけました。

ウェブ・リテラシーを身につける方法ver0.1
ウェブ・リテラシーを身につける方法ver0.2
ウェブ・リテラシーを身につける方法ver0.3
ウェブ・リテラシーを身につける方法ver0.4

ウェブ時代をゆくに触発されて、一般人も含めた勉強会が開催されるようです。まだ日程等は決まっていませんが、協力者、参加希望の反応があるだけに行われそうです。
もちろん自分も予定が合えば参加します。興味のある方はチェックです
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mikky3.blog40.fc2.com/tb.php/47-647bab04

【2007/12/23 23:29】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。