スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

学部3年生と院1年生の差はどこから?

 2007-12-29
先日、先輩達と昼食を交えてある話題があがりました。

それは学部3年と院1年の差はどっからくるんだ?
と言うことです。

というのも、この1年の差をとても実感するからです。
それは就職活動という大事な行事で大いに発揮されます。

まず自分において、学部3年生の就職活動は今になって振り返ると、突っ走って考えてなく、何をやりたかったか分からなかったなーと。まして周りに流されたり、人事部の言葉巧みな話術にだまされたり、目標のない発散した会社選定、自己分析のなさ、業界研究をしていないetc・・・

いや~改めて考えると、危なっかしさ全開です。よくこれで内定もらえたなと、時代の背景に感謝です。

ただ、これは自分だけに起きているなら特別だと思っていました。だから多くの人は陥らず上手く就職活動を乗り越えていくんだろうなと思ってました。
でも、先の先輩と話していたらどうやら同じような境地になっていたようです。
それだけに、意外とあるんだなと実感しました。

そして、3人で話し合ったところ、何が違うのか?となりました。
その場で出た結論だと、1年を考える時間が大事となりました。

我が大学だと、学部1~3年生は授業、アルバイト、サークルで忙しく、そのまま就職活動です。それだけに職に対して考える時間がなさすぎと言うことです。

と、これがそのときに出た結論でした。
ただ、それでもあまり納得できず、考えてました。
何せ、自分は2年生の11月から職業というものを考えていたからです。実質1年間という時間がありました。
それなのに、結果として危なっかしい就職活動をしてしまいました。
そうすると、何が?ということになります。

それは現在考え中なので後日ということで。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mikky3.blog40.fc2.com/tb.php/51-8031751a

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。