スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

マイクロソフトが米ヤフーへ買収提案:これでいいの?

 2008-02-03
Web業界を志望していますが、興味津々な出来事がありました。

それもずばり、タイトルにあるマイクロソフトが米ヤフーへ回収提案です。

Google対抗、MicrosoftがYahoo!に買収提案(ITmedia)

塗り変わるか、検索の業界地図--マイクロソフトがヤフーに買収提案(CNETJapan)
米MSが米Yahoo!の買収提案で会見。Googleへの対抗力を強化(INTERNET Watch)

いろいろなところでで取り上げられましたが新聞でも一面を飾りました。
Web業界も世間的に注目を浴びるんですね。

そして例のごとくはてなブックマークでこんな記事を見つけました。
Microsoft/Yahoo:買収はたぶん成功するだろうけど、問題はそれからだ

この記事も他の記事もそうですが、大方の予想はどうやらこの提案を飲み込むだろうとなっています。
ただ少しだけ疑問に思ったところがありました。


それは株主に重点をおいたところです。
プレミアムがついているために、今回の提案は株主にとっては確かに嬉しいです。投資したのだから、それに見合ったリターンを望むのは当然です。
ただし、それは利益の関係で繋がっているだけです。それはお金を儲けたいだけで会社を応援するという株本来の目的がなくなっている気がします。この点は会社はだれのもの?論点になるだけに絶対の正解はないと思いますが、この場合は偏っていると思います。

本来はヤフー、マイクロソフトともにグーグルに勝つためには?のはずです。
合併にはそれなりの負の面があります。企業文化に違いがあるために、すんなりすむとは思えません。マイクロソフトはシナジー効果をことさら強調していますが、現実として人が障壁になりそうな気がします。
ただ、これは日本では良く聞く話で、アメリカでも起きるのかは謎ですが・・・。


それと、今回は技術を期待してのことだと思いますが、ただ単に2つの会社の技術者を足しあわせれば、うまくいくだろう的な発想だったら疑問に思います。
技術はそう簡単に培われるものではありません。また新しく生まれるわけではありません。数多くの実験を失敗して新しい技術が生まれます。そのため新しい技術を生み出すシステムがなければあのグーグルには勝てる気がしません。


ただ、現状でも検索と広告以外なら勝てるかもしれないです。グーグルはSNSに関しては先駆者でありながら失敗してますからね。このあたりは気になります。

ネット未来地図 ポスト・グーグル時代 20の論点 (文春新書 595)ネット未来地図 ポスト・グーグル時代 20の論点 (文春新書 595)
(2007/10/19)
佐々木俊尚

商品詳細を見る
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mikky3.blog40.fc2.com/tb.php/54-d62155d8

  • 米ヤフー 社長の話題です【デイリー 注目ニュースは】
    さて今回の皆が注目している話題はこんなことなんですねー知ってました?これは少し調べなければいけないですね。ちょっとブログを覘いてみますマイクロソフトがヤフーに買収提案日本ヤフーの株式は、ソフトバンク41%、米ヤフー33.4%らしいのです。 弊社事業に関
【2008/02/05 14:02】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。