スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

アマゾンのカスタマーレビューは本当に役に立つの?

 2008-04-10
ネットに言論の自由は存在しない!?アマゾンブックレビューの言論封殺システム

この記事を見て、またかと思いました。
以前、とある本でアマゾンのカスタマーレビューが明らかに宣伝に利用して、5つぐらい★5つになっていました。理由は至って簡単です。レビューが1つ、同じ日に同じような言葉で書かれていたからです。
それはさすがにお粗末なやり方でしたが、プロなるモノがいたとしたら素人には見抜けません。
それだけにレビューの信頼性を増やせるようなシステムを提供することが、多くのユーザに有益になると考えていました。
でも、今のアマゾンはS3にあるように、サービスを提供できるハード構成に力を入れるようになったみたいです。これは数多くの商品を計算してレコメンデーションするためには仕方がなかったことですが、ソフトウェア(画面に現れるような)に力を入れなくなったのは残念と言わざる得ません

検索の話になりますが、Googleが今のようになったのは良質な検索+検索連動の早期導入でした。
ここでいう良質な検索は、Google前まではスパムホームページが多かったのを排除したことです。
そうやって信頼性をあげたことで、今のように信頼ある検索として地位を築きました。

さていつになったらアマゾンからより有益な情報が提供されるようになるのか。


補足ですが、さらに弱点を見つけました。
『マンガ嫌韓流』のここがデタラメ―まじめな反論 不毛な「嫌韓」「反日」に終止符を!対話と協力で平和を!!という本を知っていますか?先ほどの記事に書かれていたのでレビューを見ましたが、参考になった数が半端じゃないです。国家の品格、女性の品格はベストセラーになって多くの人が知っていると思いますが、それですら参考になった数は80程度です。
それを遙かに超えて3倍の240とか普通にあり得ません。しかもマイナーといえる本で起きるなんて考えられません。
何かしらの力を感じます。アマゾンでは多くのユーザが利用しているとはいえ、まだまだ団体で頑張れば勝ってしまいます。
これは直すべきところなんですがね・・・。その意志はあるのか・・・。

『マンガ嫌韓流』のここがデタラメ―まじめな反論 不毛な「嫌韓」「反日」に終止符を!対話と協力で平和を!!『マンガ嫌韓流』のここがデタラメ―まじめな反論 不毛な「嫌韓」「反日」に終止符を!対話と協力で平和を!!
(2006/05)
太田 修、朴 一 他

商品詳細を見る


女性の品格 (PHP新書)女性の品格 (PHP新書)
(2006/09/16)
坂東 眞理子

商品詳細を見る

国家の品格 (新潮新書)国家の品格 (新潮新書)
(2005/11)
藤原 正彦

商品詳細を見る
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mikky3.blog40.fc2.com/tb.php/74-97cbc0d8

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。