スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

死語の世界観

 2006-12-22
たけしの教育白書で
「子どもは死んでもやり直せると信じている。おかしいじゃないか」
と言っていた。

確かにおかしいかも知れないけどこれは立派な1つの価値観です。
代弁になるのか分からないが、とても今回は論理の飛躍を感じました。

何せ

A.死んでもやり直せる → B.ゲームを信じている。 →C.大丈夫か?

BからCは確かに納得できます。
しかしどうもAからBはうさんくさいです。
何この論理の飛躍は?
輪廻転生を信じるはゲームと同じになるのですか?

自分は信じる信じないで分ければ信じます。
ただしそれはこんなあほらしい論理ではありません。

もっとも影響を与えているのは、こんなくだらないことをいっても良いテレビのおかげです。

テレビ番組は霊、心霊、前世、を自分が見てきた時代からいつもやっています。
そうするとかれこれ20年になります。
その迫り来る演出、とても感動するような話。
自分はあれを何十年も見せ続けられれば信じてもおかしくないと思っている。

正直、ゲームのようなリセットが出来るなんて思う人は、本当におかしい少数でしかない。
それは考えてみればそうでしょう。
みんながみんな安易な発想できたらこの世の中、さらにおかしくなっている。
だったら少数と見る方が全然ぶがあっている。


本当にあんな論理が成り立ってしまう大人は子どもを信じているのか、全く分からない

人間はそこまでバカじゃない。
弱い弱い、あぁだからダメなんだ。守らないといけない。
そんな思想が見え隠れする。

子どもは一人の人間です。
確かに経験の数が少ないだけに大人から見れば心配だけど、もっと信じてあげてもいい気がします。

もっと懐を大きくして見守って欲しいです。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://mikky3.blog40.fc2.com/tb.php/9-096c59c7

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。